1. トップ
  2. 学校・団体
  3. School Voice Project、学校現場の声を「見える化」する活動をスタート

2021年8月11日

School Voice Project、学校現場の声を「見える化」する活動をスタート

教職員など100人以上が参画・運営する「School Voice Project」は、現場の教職員の声を「見える化」し、各学校が参考にできるかたちで発信するとともに、メディアや教育行政(文科省や教育委員会)に届ける活動をスタートさせる。

まず最初のアクションとして、9月末にWebアンケートサイト「フキダシ」をリリースする予定。

「フキダシ」では、ネット上で気軽にアンケートに答えられる仕組みをつくり、現場の教職員から、様々なトピックついての意見や思いを集める。

そしてそれを、現場で活かせるようにまとめて発信したり、世の中や行政に届けるアクションを起こしていく。信頼性と安全性を担保するために、利用者は教職員のみで、ユーザー登録制にする。

集まったアンケートの活かし方は、「自分の現場で参考にする」、「メディアを通して、広く世の中に伝わるようにする」、「議会や教育行政機関に届け、教育政策や仕組みづくりの議論に反映されるよう働きかける」という3パターン。

見える化された声が、具体的に、現場に変化を生み出していく力になるように、発信や政策提言を丁寧に行っていく方針。

また、7月27日から始めた、立ち上げ資金調達のためのクラウドファンディングでは、スタートからわずか2日で100万円を突破。1週間ですでに200万円を超える支援が集まっている。

「School Voice Project」は、教育ファシリテーター・武田緑氏の呼びかけに約100人の教職員らが呼応してスタートした「学校をもっとよくしたい」と願う有志によるプロジェクト。

関連URL

クラウドファンディング

School Voice Project

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス