1. トップ
  2. 学校・団体
  3. iTeachers TV Vol.284 浪速高等学校・中学校 下園晴紀 先生(前編)を公開

2021年8月18日

iTeachers TV Vol.284 浪速高等学校・中学校 下園晴紀 先生(前編)を公開

iTeachersとiTeachers Academyは18日、iTeachers TV Vol.284 浪速高等学校・中学校の下園晴紀 先生による「負担になりにくいICTの使い方(前編)」を公開した。

浪速学院のICTの取り組みの全体像について、これまでの歴史とそれぞれのICTツールの導入の決め手や促進方法を伝える。よく聞かれる「なぜChromebookにしたのか?」「なぜ、すららを使っているのか?」といった導入の背景を説明。また導入時の課題感やその解決方法について、実際のエピソードと実体験を交えながらすぐに使える話を紹介する。

下園先生は、ICT推進部長。2016年に、「すらら」「Google Workspace for Education」をICTの基盤とし、利活用をするためにChromebookを導入。 生徒が目をきらきらさせるもっとおもしろい授業を実現するために、1人1台環境、全館Wi-fi、デジタル教科書、電子黒板等、校内のICT環境の構築に尽力。環境だけでなく、自らも「すらら」「GoogleClassroom」を利用した授業を実施している。

後半の「教育ICTなんでも3ミニッツ」。今回は、千葉県立市川工業高等学校の片岡伸一 先生による「クラウドでWindows? Windows 365 Cloud PC」。

片岡先生は、少年時代からPC6001やX1に触れ、PC98、DOS/Vを経て、大学の技術支援担当時からHP200LX、Palm、Windows CE等の携帯端末の教育環境への導入を模索。iPadを発売日の翌週から授業に導入し、現在では、iPadとCloud環境を効果的に活用する校内システムを研究。専門は経営工学。AFP(日本FP協会認定)。

iT-Lv2

□ 負担になりにくいICTの使い方(前編)

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス