1. トップ
  2. データ・資料
  3. 教育現場の職員の約7割が「ITの活用で特別支援教育業務は改善できる」=アクト調べ=

2021年8月20日

教育現場の職員の約7割が「ITの活用で特別支援教育業務は改善できる」=アクト調べ=

アクトは19日、特別支援教育業務に従事する自治体職員106人を対象に実施した、「特別支援教育現場のIT化実態」に関する調査の結果をまとめ発表した。

それによると、勤め先の特別支援教育業務の体制について意見を聞いたところ、「改善すべき点が十分ある」が32.0%、「改善すべき点がある」が51.9%という回答だった。

このほか、「体制は整っている」10.4%、「体制は十分に整っている」「わからない」「答えられない」がそれぞれ1.9%だった。

ITの活用で特別支援教育業務をよりよいものにできると思うか、との質問には、「非常に思う」が25.4%、「やや思う」が48.1%だった。「あまり思わない」20.8%、「全く思わない」1.9%、「わからない」3.8%もあった。

では、具体的にどのようなことを期待するのかを聞いたところ、「ZOOMなどのリモート会議ツールによるオンライン面談」66.7%、「窓口や紙による申し込みではなく、スマホなどによる電子申請の実現」56.4%、「LINEなどのチャットツールを利用した相談の申込」38.5%という回答になった。

相談者の問い合わせ・対応履歴はどのように管理しているのかを聞いたところ、「Excel台帳を使って管理している」が33.9%、「紙台帳で管理している」が38.7%だった。「専用のシステムを導入し管理している」8.5%などもあった。

「Excel台帳管理」や「紙台帳管理」に対して、具体的にどのような不満を持っているかを聞いたところ、「対象者の情報を検索するときに時間を要する」44.2%、「年々データが積みあがっているので情報の管理が煩雑になっている」42.9%、「関係する部署への情報共有がしにくい」41.6%との回答が多かった。

この調査は、特別支援教育業務に従事する自治体職員を対象に、8月13・14日に、インターネットで実施。有効回答数は106人。

関連URL

調査結果の詳細

アクト

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Yubi Plus 先生方にもテレワークを! 埼玉県 狭山市教育委員会 様 テレワーク実践事例 詳しくはこちら
Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00- お申し込み受付中 
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 基本機能だけならずっと無料 デジタル採点システム 無料Webセミナー 10/5(火) 16:30~開催 先着順にてお申し込み受付中 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス