1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. ホルグ、自治体向け研修動画配信サービス「地方公務員オンラインサロン for GOV」提供開始

2021年8月23日

ホルグ、自治体向け研修動画配信サービス「地方公務員オンラインサロン for GOV」提供開始

ホルグは19日、自治体向け研修動画配信サービス「地方公務員オンラインサロン for GOV」の提供を9月から開始すると発表した。また、サービス提供開始に伴い無料トライアルの利用が可能となった。

地方公務員の研修費は非常に少なく、2018度の都道府県庁の一人あたりの年間研修費(予算額)は2661円、政令市の一人あたりの年間研修費(予算額)は3095円。一方で、2019年の民間企業の一人あたりの年間研修費(予算額)は4万636円。実に10倍以上のもの差が存在している。

地方公務員の数は、1996年の約328万人から、2020年4月までに約52万人が減少し、合計約276万に。しかしながら、世界がコロナウイルスに直面する現在、ワクチン接種や特別定額給付金の給付など、地方自治体には多くの対応が求められている。今後も人口減などの影響から財政がひっ迫し、インラフ・福祉・医療などのセーフティーネットが維持できなくなる懸念が高まっているという。

こういった状況の中、地方行政が高い成果をあげていくには、公務員一人ひとりが成果を出しやすくする仕組みの構築が求められており、特に地方公務員は市民の目を考慮し、従来から研修に多くの予算を付けることが難しいため、スキルアップやそれに伴うモチベーションの向上をもたらすことも難しいという。

同社は、2019年1月から地方公務員限定の有料コミュニティ「地方公務員オンラインサロン」を地方公務員個人に提供。その経験を活かして、地方自治体1人あたり月額1000円以下の安価な費用で、約40本の地方公務員向けのセミナー動画を配信。どこでも気軽に視聴でき、沢山のセミナーを楽しむことが可能なため、若手、管理職、利用希望者などの特定層の学びの習慣化や、モチベーションアップに寄与する。

同オンラインサロンの独自の特徴は、「カジュアルな雰囲気でセミナーを開催し、職員の継続的な学びの習慣化をサポート」「官だけではなく民の最新/最高レベルのスキルも学べる」「プライベート支援やモチベーション向上が見込める」。

関連URL

トライアルの申し込み

現在配信中の動画

ホルグ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
リモートワーク用パソコンのセキュリティ対策できてますか? YubiPlusで簡単に対策
Classi GIGAスクール時代における学校教育・学習指導について考える会(無料) 9.21(水)16:00-/9.28(火)16:00- お申し込み受付中 
ニュース記事の作成・提供 膨大なリリースから最適なネタを選択し記事化して廉価で提供 取材記事も作成可能 WANITEL Web-News Writing Service

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • GIGAスクール構想 機器のお悩みはこちら 24時間365日受付
  • 採点はラクになる! デジタル採点システム 基本機能だけならずっと無料 YouMark Personal
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス