1. トップ
  2. データ・資料
  3. 保育ICTの活用度は4割以下、利用継続を希望する声は100% =千調べ=

2021年11月2日

保育ICTの活用度は4割以下、利用継続を希望する声は100% =千調べ=

ICTで保育士の働き方改革や保育業界のDXを推進し、子どもの幸せを生み出すことを目指す千は10月29日、保育施設に通う子どもを持つ親 100人を対象に「保育ICTに関する意識調査」を実施しその結果を発表した。


小学生未満の保育施設に通う子を持つ親を対象に調査した結果、保育ICTを「利用している(38%)」「利用していない(39%)」「分からない(23%)」という結果となり、その活用度は4割以下であることが明らかになった。また、保育ICTの活用期待度について、全体の約9割が活用を期待する結果となり、大多数の保護者が活用を期待していることが分かった。特に、既に利用している保護者の100%が「保育ICTを継続して利用してほしい」と回答。その効果を感じていることが見て取れる結果となった。


また、保護者がメリットに感じている点は、「スマホからいつでもお知らせや連絡帳を確認できるのがよい(時間に縛られないなど)(65.78%)」が最も多く、忙しい保護者にとって、時間や場所に捉われずにコミュニケーションが取れることをメリットに感じる傾向が伺える。さらに、今後保育ICTに何を期待するかを質問したところ、「子どもの園での様子をもっと知りたい」が最も多く、次いで「もっとデータを記録してほしい(成長の記録として)」という結果となり、我が子についてより知れることを期待していると分かった。

同調査から、保育ICTの活用に関して、保護者の約9割が保育ICTの活用を期待しているという結果から保護者のニーズ高さが、また、既に保育ICTを利用している層の8割以上が「満足」という結果から保護者の保育ICTへの満足度も高いことが明らかになった。しかし、現状保育ICTを利用しているのは36.9%と、保育ICTの浸透度をあげることが課題になっている。調査は10月11日~24日の間、保育施設に通う子を持つ親100人を対象にWEBアンケートで行われた。

関連URL

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 創造性を育む学びに Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス