1. トップ
  2. データ・資料
  3. 自宅で受けるオンライン授業、2人に1人が「ネット環境に不満」=第一興商調べ=

2021年11月19日

自宅で受けるオンライン授業、2人に1人が「ネット環境に不満」=第一興商調べ=

第一興商は18日、立正大学のオンライン授業を受ける学生872人を対象に、同大と共同で実施した、「コロナ禍における大学生の授業・生活に関する実態調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「オンライン授業とオフライン授業のどちらを好むか」を聞いたところ、 「オンライン授業」44% 、「どちらでも良い」32%、「オフライン授業」24%だった。

「オンライン授業はどこで受けているか」を聞いたところ、98%の学生が「自宅・実家」と回答。オンライン授業の受講にあたり、オフラインと比較して不便に感じることを聞いたところ、約2人に1人(53%)が「自宅で受けるオンライン授業のネット環境に不満がある」と回答した。

「格安のオンライン授業用のスペースがあれば利用したいか」との質問には、83%の学生が「とてもそう思う」「ややそう思う」と回答。

また、このような授業スペースにあったらうれしいサービスの1位は「Wi-Fi」で、次いで「飲み放題」、「コードの貸し出し」という結果に。なかには、学生では追加での用意が難しい「適切な高さの椅子と机」、「コピー機」という声もあった。

「コロナ禍でシフトやアルバイトの収入は減ったか」と聞いたところ、約3人に1人(27%)が「シフトが減った」と回答。「減った」と回答した学生のうち、飲食・フードに従事している学生が最も多かった。

「コロナ禍で、どのような生活費の節約に取り組んでいるか」を聞いたところ、「無駄なものは買わない」、「家計簿をつける」、「節電、節水に努める」、「外出を控える」といった回答が寄せられた。

この調査は、10~20代の立正大学生872人(1年生~4年生の男女)を対象に、11月にインターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

第一興商

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
YubiPlus 校務支援システムの二要素認証ログイン 長野県教育委員会 導入事例 シンプルでわかりやすい! 詳しくはこちら
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 導入説明会を無償提供
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • Microsoft Surface 生徒の学びのためのSurface Laptop SE NEW 税抜2万円台~
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス