1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Monoxer、こども英会話教室「リトルシャイニングスターズ」の導入事例をWebに公開

2022年1月6日

Monoxer、こども英会話教室「リトルシャイニングスターズ」の導入事例をWebに公開

Monoxerは4日、こども英会話教室「リトルシャイニングスターズ」の導入事例をWebに公開した。

東京・吉祥寺にある、こども英会話教室「リトルシャイニングスターズ」では、幼稚園から中学校までのこども達が、「書く・読む・聞く・話す」の実践的な英語力を身につけられるよう指導を行っていて、こども達一人ひとりの個性を大切にしながら、ワクワクしながら学べる独自のカリキュラムを構築しているという。

「話したい気持ちを育てる英語教育」、「高い英検合格率」、「充実したオリジナル教材」の3つの特徴があり、英語絵本や英語カルタをテキストとして使用。ライティング教材は教室オリジナルのもので、教室の人気キャラ・ライオン君との交換日記スタイル。

Monoxerは昨年2月に導入。現在は、MonoxerのBook(問題集)をこども達は楽しみにしているという。スキマ時間に行う自宅学習に向いているので、朝の5分間だけ、”髪の毛を三つ編みにしてもらっている時間にできるくらいの分量”のBook(問題集)を、平日に毎日配信している。

月~木曜日までの課題の達成率が100%のこどもたちは金曜日の夜に「プラス1タスククラス」というクラスに招待。参加することで「とっさの一言」シリーズといういろいろな会話表現のBook(問題集)をゲットすることができる。これが、ゲームでいうレアアイテムのような存在で、こどもたちにとってMonoxerは、学習というより楽しみになっているようす。

Monoxerをどのようにして「こども達の楽しみ」に変えているのか?リトルシャイニングスターズ代表、kiki先生こと星野京子先生が、問題集はプレゼント!学習はゲーム感覚!という、楽しみながらこどもたちが学べる秘訣を、紹介している。

導入事例の詳細

関連URL

リトルシャイニングスターズ

Monoxer

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス