1. トップ
  2. 学校・団体
  3. フローレンス、「こども家庭庁」創設の基本方針に関する声明を発表

2022年1月17日

フローレンス、「こども家庭庁」創設の基本方針に関する声明を発表

フローレンスは14日、政府が昨年12月21日に閣議決定した、「こども家庭庁」の2023年度創設を含む「こども政策の新たな推進体制に関する基本方針」に関する声明を発表した。

それによると、フローレンスは、「こども家庭庁」の創設は日本が「世界で最も子育てしやすい国」に転換するための大きな1歩になると期待。

フローレンスはこれまで、「こども家庭庁」は、子育て家庭へのアウトリーチ型支援や、保育・教育現場で働く際に性犯罪歴などについての証明を求める仕組み(日本版DBS)の導入などを実施すべきと訴えてきたが、今回の基本方針が、これらを同庁が担う旨を盛り込んでいることを、高く評価している。

また、フローレンスでは、同庁は①ICTとアウトリーチで申請主義を打破、②政策ラストワンマイル問題の解決!政策セカンドトラック制の実現、③虐待を未然に防ぐ!虐待予防サービス制度の導入、など8つの政策「こども家庭庁8策」を実施すべきだと提言。

さらに、基本方針に盛り込まれている新たなこども政策を実施するためには、質・量ともに十分な人員配置と十分な予算が必須であるとしている。

人員については、民間団体などの人材や、子育て経験や保育園利用経験などがある職員(特に女性職員)を多く登用することを求めている。

フローレンスは、病児保育事業、認可保育園事業、障害児保育事業などを運営するほか、子どもの虐待や貧困問題など、国内の親子領域の課題を解決するため、各種支援事業や政策提言活動、ソーシャルアクションを推進しているNPO。

「こども家庭庁8策」

・第1策:ICTとアウトリーチで申請主義を打破
・第2策:政策ラストワンマイル問題の解決!政策セカンドトラック制の実現
・第3策:虐待を未然に防ぐ!虐待予防サービス制度の導入
・第4策:共働き家庭のためだけの保育園から「みんなの保育園」へ
・第5策:子どもたちをあらゆる暴力から守る仕組みを、全ての保育・教育現場に
・第6策:ひとり親世帯を貧困から守る!養育費の支払いの義務化、立替制度の創設
・第7策:未来を支える子どもたちのために財源と人員体制の確保を!こども基金の創設
・第8策:こども基本法など、子どもの権利を保障する法律の整備

関連URL

「こども家庭庁創設に向けた基本方針に関する声明」(全文)

「こども家庭庁8策」

フローレンス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ITパスポート WEB通信講座 受講料11,000円 資格★合格クレアール
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス