1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. スクーミー、学習型コンテスト「スクーミー課題解決チャレンジカップ」を開催

2022年1月31日

スクーミー、学習型コンテスト「スクーミー課題解決チャレンジカップ」を開催

スクーミーは27日、学習型のコンテスト『スクーミー課題解決チャレンジカップ』を開催し、3月27日に結果発表を行うと発表した。同社では開催にあたり、スクーミーボードとオンライン授業を無償提供し、様々な体験ができる学びの機会を創出する。

新型コロナウイルス感染症の感染者増加により、学校の分散登校や、部活動自粛などと様々な体験をする機会が奪われている。また、それに伴い、慣れない家での自宅学習・オンライン学習が多くなり、これまでの学び方から、新しい学び方へシフトしている。同社は、オンラインでも、多くの学びに触れたり、様々な人と交流したり、オンラインでしかできないような体験を多くしてもらいたい、学ぶことの楽しさや、何かに熱中して取り組むことへの素晴らしさを感じてもらいたいという思いから、プログラミングや課題解決のことを学ぶことができる学習型の同コンテストを開催する。

エントリーした人には、スクーミーボート1台とセンサーを作るために必要なコネクターを2個と学習カード一式、オンライン学習の機会を無償で提供する。

同コンテストの結果は、3月27日にオンラインで発表される。それまでの2月4日から3月20日まで毎週金曜日・土曜日(日曜日)の学習会に参加し、様々なことを体験。「自分で見つけた課題を、楽しく解決することのできる、これまでにないセンサー」をテーマにスクーミーで作成したセンサー、使用している動画、プレゼン資料を提出。結果発表では最優秀賞や協賛企業からの賞が用意されている。

エントリー特典として、先着エントリー100名を対象に、スクーミーボードを1台とセンサーを作ることのできるコネクターを2つと教材カードを無料で提供。社会で活躍するプロエンジニアなどから、プログラミングや課題解決の方法を学ぶことのできるオンライン授業に参加できる。エントリーは個人・チームでの応募・学校での応募・会社での応募と誰でも自由に参加可能。

コンテストの詳細・エントリー

関連URL

スクーミー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス