1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 奈良高専、SDGs目標12で「DCON2022」2次審査に挑戦

2022年1月31日

奈良高専、SDGs目標12で「DCON2022」2次審査に挑戦

奈良工業高等専門学校は、同校上野研究室の専攻科生をプロジェクトリーダーとする「チームきんぎょ」が、第3回全国高等専門学校ディープラーニングコンテスト2022(DCON2022)の2次審査の最終審査会に向けて挑戦していると発表した。

DCON2022とは、高等専門学校の学生が日頃培った「ものづくりの技術」と「ディープラーニング」を活用した作品を制作し、生み出される「事業性」を企業評価額で競うコンテスト。2次審査では、最終審査会に向けてプレゼンテーション資料などのプロトタイプを制作する。

「チームきんぎょ」は、SDGs目標12の 「つくる責任 つかう責任」の中から、『フードロスを減らそう』に応募した。以前、参加したアイデアソンでフードロスについて考えを深め、アイデアを温めていたという。日本でのフードロスの原因の半分ほどが家庭からであることに驚き、その中でも「賞味期限を忘れていた」ことが大半で、「忘れない仕組みを作ろう」と進めているという。

関連URL

「DCON2022」

奈良高専 情報工学科 上野研究室(ソフトウェア工学)

奈良工業高等専門学校

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • Class Magic
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス