1. トップ
  2. データ・資料
  3. 保活ママの74.8%が「子どもを保育施設に預けることができた」と回答 =ビースタイル調べ=

2022年1月28日

保活ママの74.8%が「子どもを保育施設に預けることができた」と回答 =ビースタイル調べ=

ビースタイル ホールディングスは27日、同社の調査研究機関「しゅふJOB総研」が、就労志向で子どもがいる全国の女性439人を対象に実施した、「保活(子どもを保育施設に入れるための活動)に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「保活に取り組んだ経験はあるか」と尋ねたところ、「ある」が48.1%、「ない」が51.9%とほぼ半々だった。世帯年収別にみると、「年収500万円未満」では「ある」55.0%、「ない」45.0%で、「年収500万円以上」では「ある」46.6%、「ない」53.4%だった。

「保活を主に行っていたのは誰か」を聞いたところ、98.6%とほとんどが「自分」と回答。「配偶者・パートナー」は0.9%しかなかった。

「保活をした時期」を聞いたところ、「2014年以前」が64.5%で最も多く、「2015年~2019年の間」27.0%、「2020年以降」8.5%が続いた。

保活して「子どもを希望の施設に預けることができたか」を聞いたところ、「希望の施設に預けることができた」は46.4%で、以下、「希望の施設ではないが預けることができた」28.4%、「預けることができず仕事を辞めた」11.8%などが続いた。

「保活は大変だったか」と聞いたところ、「とても大変だった」40.8%、「少し大変だった」39.3%で、「少し楽だった」7.1%、「とても楽だった」5.2%もあった。

また、「面接に行くのですら子どもの預け先がなく、思いきって一時間だけ子どもだけを家に残して面接に行ったことがある(今思えばゾッとするけど)」、「保育園に入れるには仕事をしてないといけなくて、仕事をするには保育園に入ってないといけないし、どうしたらよいのか悩む」、「疲れ果てた挙げ句、希望の園には入れなかった。夫が単身赴任と嘘をついて、希望の園に入園する人もいたり、嫌な思い出しかない」などの声も多数寄せられた。

この調査は、就労志向で子どもがいる全国の女性を対象に、1月12日~19日にかけて、インターネットリサーチ(無記名式)で実施。有効回答者数は439人(子どもがいる女性のみ)。

関連URL

ビースタイル

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス