1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. スペクトラム・テクノロジー、「はじめてのTensorRT学習・開発キット」販売開始

2022年1月21日

スペクトラム・テクノロジー、「はじめてのTensorRT学習・開発キット」販売開始

スペクトラム・テクノロジーは、「はじめてのTensorRT学習・開発キット」の販売を開始すると発表した。

AIはこれから自動運転、画像認識など実用段階に入り、今後エッジデバイスでの高速処理が必須になる。同社ではその高速化のために、NVIDIAが開発したTensorRTの学習・開発キットを提供する。AIスキルの中・上級者が対象で、学校から企業まで幅広く、安価に利用できる。これまでは、NVIDIAの専用デバイス(Jetson等)でのみ動作していたが、今回汎用のデスクトップPC等(Ubuntu,Windows)でも使用が可能になる。

同学習・開発キットは、python,C++のプログラミング言語を使用して、mnist,nmt,rcnn,ssdなどの基本モデルの学習から物体認識、物体分類などの応用まで幅広く習得できるもの。Tensorflow, pytorchで作成したモデルを最大40倍に高速化し、作成したモデルをエッジデバイスに移植し、自動運転、画像認識に活用ができる。

同キットの特徴は、TensorRTを使いmnist,nmt,rcnn,ssdなどの基本モデルを動作させ、量子化、メモリの節約の原理を習得。またプログラム言語は、python, c++の二つが使用可能。 物体認識、物体分類のTensorRTでの高速処理の体験できる。作成したモデルでtensorflowとtensorRTの比較ができ、自然言語処理、カメラを使った画像認識なども学習でき、検証済なので安心して利用できる。

また、NVIDIA専用機(Jetson)の準備が不要で、既存のGPU搭載のデクストップPC等で利用可能。同キットで開発を行いエッジデバイスに移植が簡単にできる。自動運転、画像認識へも応用可。tensorflow,pythonの基礎を習得した人には、安心なマニュアルと14日間の無料サポートも付く。

関連URL

スペクトラム・テクノロジー

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス