1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 神奈川大学、宇宙エレベーター世界最速記録 時速100kmを達成

2022年2月14日

神奈川大学、宇宙エレベーター世界最速記録 時速100kmを達成

神奈川大学は8日、同学の宇宙エレベータープロジェクトで研究、開発しているクライマー(昇降実験機)が、世界最速の時速100km*を達成したと発表した。
*ベルト上のテザー(走路)を垂直に昇る条件(昨年9月、テレビ番組の企画)

宇宙エレベーターは、人や物資を地上と宇宙間を輸送する上で理想的な手段。人工衛星と地球を結び、クライマーが宇宙へと昇っていく仕組みで、はるか先の宇宙を目指すためにはクライマーの速度が鍵となり、輸送時間の短縮につながる。同学では学生14人と教職員が力を合わせて、クライマーの設計・開発に取り組んでいる。

クライマーはウレタンゴム製のローラーをベルトに挟み、回転させ上昇させる。速度はコンピュータで制御し、下降時も自動で速度を調整する。今後は時速200km を目指して開発を進め、実用化に向けて改良を重ねていく。

工学部電気電子情報工学科1年の居川昇陽さんは「記録会当日は強風の影響や機体の破損などもあり、世界記録達成は困難だと思っていましたが一人ひとりが役割を全うすることで、時速100kmという記録を出すことができました。今後は今回の実験で得た情報を活かし、時速200kmを目指したいと思います」と意気込んでいる。

神奈川大学宇宙エレベータープロジェクトは、2008年から始まったプロジェクトで、同学学生であれば学部、学年を問わず誰でも参加できる。宇宙エレベーターの地上昇降実験機と地上降下型ロボットの設計・製作および宇宙エレベーターの広報活動を日々行っている。製作した機体は毎年夏頃に行われる「宇宙エレベーターチャレンジ(SPEC×ROC)」に出場させ、クライマー技術の向上に努めているという。

関連URL

神奈川大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス