1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. IT専門「KENスクール」、「デジタルトランスフォーメーション(DX)コース」を開講

2022年2月22日

IT専門「KENスクール」、「デジタルトランスフォーメーション(DX)コース」を開講

シンクスバンクは21日、同社のITスクール「KENスクール」で、個人や企業向けに、実務で通用する「デジタルトランスフォーメーション(DX)コース」を開講すると発表した。

同コースは、DXに関連する先端技術、思考、資格、既存IT人材のスキルアップ・キャリアアップと、非IT人材のエンジニア化育成のための5つのカリキュラムが設けられている。

業務分解からデジタライゼーションする過程を経験することで、DXに欠かすことのできない先端技術、課題解決力及び部署を横断したチーム力を育成できる内容。

DXコースの概要

内容:
①「DX人材のためのITリテラシーコース」
講義時間:61時間VOD(6カ月間視聴可能)
受講費用:11万7700円(税抜価格10万7000円)
講義:DX人材に必要なITの基礎知識を学習。コンピュータ、ネットワーク、WEB基礎知識及びMicrosoft Officeの基本操作を学ぶ
②「IOTエンジニア育成コース」
講義時間:103時間(受講期間目安:平日2カ月、 土日4カ月、VOD3カ月間視聴可能)
受講費用:38万600円(税抜価格34万6000円)
講義:IOT開発に必要な知識と技術の習得を目指す。Python言語、Raspberry Piを使用し、WEBアプリを開発して、カメラなどのセンサーから自動的にデータの収集を行う技術の習得を目指す(「DX人材のためのITリテラシーコース」の修了者、または同等のスキルや知識を持った人が受講対象)
③「クラウドエンジニアコース」
講義時間:250.5時間(受講期間目安:平日4カ月、土日8カ月、VOD1カ月間視聴可能)
受講費用:50万3800円(税抜価格45万8000円)
講義:クラウドサービス上にシステムを構築する技術を学ぶ。まず基本知識としてネットワークとLinuxの基礎スキルを学習し、次にLinuxサーバー構築技術を学んだ後にクラウドサービスを利用したシステムを構築(「DX人材のためのITリテラシーコース」の修了者、または同等のスキルや知識を持った人が受講対象)
④「RPAコース」
講義時間:149.5時間(受講期間目安:平日3カ月、土日6カ月、VOD1カ月間視聴可能)
受講費用:53万3500円(税抜価格48万5000円)
講義:UiPathを利用し、ノーコード・ローコードで業務システムを構築する技術の習得を目指す。また、顧客課題を解決するための業務分析手法や顧客へのヒアリングのポイントなど、要求分析について学び実践力を身に付ける(「DX人材のためのITリテラシーコース」の修了者、または同等のスキルや知識を持った人が受講対象)
⑤「AIエンジニア育成コース」
講義時間:81時間(受講期間目安:平日2カ月、土日4カ月、VOD3カ月間視聴可能)
受講費用:32万6700円(税抜価格29万7000円)
講義:AIエンジニアに必要な知識と技術の習得を目指す。Pythonを使って、機械学習や深層学習によるAIの開発方法や、様々なデータの分析・解析方法を学習(「DX人材のためのITリテラシーコース」の修了者、または同等のスキルや知識を持った人が受講対象)

詳細 

関連URL

「KENスクール」

シンクスバンク

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス