1. トップ
  2. 学校・団体
  3. BBT大学、教務AI「BioLa」を開発。学生の学習状況を分析し課題解決の支援に活用

2022年2月4日

BBT大学、教務AI「BioLa」を開発。学生の学習状況を分析し課題解決の支援に活用

ビジネス・ブレークスルー大学(BBT大学)を運営するビジネス・ブレークスルーは2日、SIGNATEと共同で教務AI「BioLa(ビオラ)」を開発したと発表した。

これまでBBT大学に蓄積していた過去16年分の学習データをBioLaに機械学習させることで、学生一人ひとりの学習状況を分析し、課題解決の支援を行っていく。

BioLaによる教務AIの実現により、今後、情報のオーバーフロー現象が解消され、従来では発見できなかったインサイトや課題解決方法の提案をAIが行えるようになり、将来的にはBioLaが学生支援を行うことも可能となる。

BioLa開発にあたっては、2020年から約半年間の基礎共同検証をSIGNATEと実施した。その結果を経て、2021年から同社の学習プラットフォーム「AirCampus」内への実装を行い、4月からトライアル、効果検証を行いながら、現場に合わせたチューニングを実施してきた。今後もBioLaの継続的な改善と機能向上に努めながら、適応領域の拡大を図っていく。

関連URL

ビジネス・ブレークスルー

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス