1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. REDEE、大阪府箕面市の小学生対象のプログラミング体験会を春休みに開催

2022年3月1日

REDEE、大阪府箕面市の小学生対象のプログラミング体験会を春休みに開催

レッドホースコーポレーションは、同社が運営するデジタル教育施設「REDEE(レディー)」が大阪府箕面市教育委員会の後援で、箕面市内の小学生を対象としたプログラミング体験会を完全無償で実施すると発表した。


小学生のデジタル体験、プログラミング教育の一環で、期間は2022年3月から新学期に向けての春休み期間に開催する。箕面市の小学生が本物のデジタルに触れる機会となり、プログラミング体験会はREDEEの「SCRATCH」「MINECRAFT」を期間中1人1回、親子で体験できる。

同企画は、2021年10月からの吹田市、2022年1月の摂津市、2月からの茨木市対象の体験会に続く第4弾として箕面市の小学生を対象に2022年3月の春休み期間に開催するもの。

REDEEは大阪府吹田市のエキスポシティ内に2020年3月にオープンした施設面積1457坪を有するデジタル教育施設。施設内ではさまざまなデジタル体験ができる。

2020年に文部科学省で小学生に対し必修化されたプログラミング教育。今回の体験会では、箕面市の小学生たちに「プログラミング」に触れる機会を提供する。REDEE館内でも十分なスペースと距離をとることが可能で、さらに1回の参加人数を制限した完全予約制のため安心して参加できる。

今回の箕面市小学生対象プログラミング体験会の開催期間は3月19日から。学校の春休みに合わせて合計33回開催する。参加は事前登録が必要。参加は1人1回限りで、親子ペア(親子各1名)での参加となる。兄弟の場合はそれぞれ可能。

開催概要

開催期間:3月19日(土)から開始
※参加多数の場合は期間延長し、全ての希望者に体験してもらう
開催回数:
親子10組ずつで毎週複数枠を用意
※開催日・時間の詳細は申込サイトより要確認(各枠は先着順)
参加条件:
箕面市内全小学生 子ども1名・親1名の親子参加が必須
子ども1名につき親は1名のみ参加可能
参加費:無料
その他:完全予約制(当日参加は不可)

詳細・申込

関連URL

REDEE

レッドホースコーポレーション

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス