1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 早稲田システム開発、「ポケット学芸員」が群馬県立土屋文明記念文学館に導入

2022年3月29日

早稲田システム開発、「ポケット学芸員」が群馬県立土屋文明記念文学館に導入

早稲田システム開発は25日、同社が開発したスマホを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ「ポケット学芸員」が、群馬県立土屋文明記念文学館(群馬県高崎市)に導入されたと発表した。


群馬県立土屋文明記念文学館では常設展示のリニューアルを進めており、その一環として、これまで同館にはなかった音声ガイドサービスの導入で展示の充実につながると考え、まず常設展示で運用を開始し、企画展での活用も構想しているという。

同館ではデータベースシステムとして「I.B.MUSEUM SaaS」を利用しており、スマホ・アプリ「ポケット学芸員」を使うことで、画像データを含め、同システムのデータベースを活用する形で、テキストと音声による解説が容易に導入できることから採用を決定したという。

同館は、常設展示「土屋文明―その作品と生涯―」展示資料の音声解説を配信。土屋文明の原稿や書画類などについて、それぞれにまつわるエピソードや詳しい解説が付されており、土屋文明の人となりや交友関係などをより深く知ることができる内容になっている。また、ナレーションは、群馬県在住で放送コンクール等でも活躍した渡辺陽与氏が担当している。

「ポケット学芸員」は、スマホを利用して展示解説を閲覧・視聴できるガイドアプリ。ひとつのアプリを複数のミュージアムで共用的に使える点が特徴で、スマホにインストールしておけば、全国のサービス実施館で展示ガイドを利用することができる。ガイド内容は、それぞれの博物館・美術館が独自に工夫して制作する仕組みを採用。館によってテキスト画面だけでなく写真や動画、音声など多様なスタイルで情報が配信されている。

関連URL

「ポケット学芸員」

群馬県立土屋文明記念文学館

早稲田システム開発

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス