1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 早稲田システム開発、「ポケット学芸員」が高松市埋蔵文化財センターに導入

2022年3月25日

早稲田システム開発、「ポケット学芸員」が高松市埋蔵文化財センターに導入

早稲田システム開発は23日、スマホを利用して展示解説などを楽しめるミュージアム向け無料ガイドアプリ「ポケット学芸員」のサービスが高松市埋蔵文化財センター(香川県高松市)に導入されたと発表した。

高松市埋蔵文化財センターでは、新型コロナウイルス感染拡大に伴う展示室の臨時休室や体験講座の中止を経験し、デジタル展示等を活用した利用者サービスの強化を検討していた。「ポケット学芸員」は高松市の各展示施設で導入されているクラウド型収蔵管理システム「I.B.MUSEUM SaaS」の付属機能であることから、「ポケット学芸員」を採用することになった。

屋外常設展示とともに、数ある高松市の遺跡・史跡の中でも国指定史跡である4つの遺跡を紹介した展示の情報を配信。同センターでは、通常年に2回程度の企画展示を開催し、その後市内の展示施設へ巡回している。今後は各所で、また直接訪れることのできない人にも、同センターの情報を提供できるような運用を予定しているという。

「ポケット学芸員」は、スマホを利用して展示解説を閲覧・視聴できるガイドアプリ。一つのアプリを複数のミュージアムで共用的に使える点が特徴で、スマホにインストールしておけば、全国のサービス実施館で展示ガイドを利用することができる。

ガイド内容は、それぞれの博物館・美術館が独自に工夫して制作する仕組みを採用。館によってテキスト画面だけでなく写真や動画、音声など多様なスタイルで情報が配信される。

関連URL

ポケット学芸員

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス