1. トップ
  2. データ・資料
  3. 教育業界、売上100億円以上の企業TOP3は、「ベネッセ」「公文」「ヒューマン」=QuickWork調べ=

2022年4月12日

教育業界、売上100億円以上の企業TOP3は、「ベネッセ」「公文」「ヒューマン」=QuickWork調べ=

QuickWorkは11日、データベース「SalesNow DB」のデータを活用した「SalesNow DBレポート」の中から、「売上100億円以上の教育業界の企業ランキング」を発表した。

このランキングは、日本に存在する教育業界の売上100億以上の企業について調査したもので、それによると売上100億円超の教育業界の企業は58社あった。

1位は「ベネッセコーポレーション」(岡山県)で、売上高は4301億円(2021年3月期)。通信教育、出版を手掛けており、通信教育事業では、「こどもちゃれんじ」、小中高生用の進研ゼミ(小学講座・中学講座・高校講座・難関私立中高一貫講座・東大特講・京大特講)などを展開。中でも教育・受験産業の分野を強みとしている。

2位は「公文教育研究会」(大阪府)で、売上高は724億円(2021年3月期)。「KUMON」ブランドの教育メソッドを展開しており、世界82の国と地域で、367万人が学習。

主な事業は、算数・数学、英語、国語(母国語)、フランス語、ドイツ語、日本語、書写、学習療法などのフランチャイザーとしての教材の研究開発、制作、指導法の研究、ならびに教室の設置・運営管理など。

3位は「ヒューマンホールディングス」(東京都)で、売上高は858億円(2021年3月期)。人材事業のヒューマンリソシア、介護事業のヒューマンライフケアなどを傘下に持つ持株会社で、グループ会社のヒューマンアカデミーは、ビジネス講座や資格取得支援、プログラミング教室や全日制専門校などを展開。

以下、4位「ヒューマンアカデミー」、5位「ベルリッツ・ジャパン」、6位「四谷大塚」、7位「ナガセ」、8位「東進育英舎」、9位「みらいく」、10位「ECC」などが続いている。

この調査は、 データベース「SalesNow DB」に含まれる経産省API提携、WEB上に公開されているHP情報、IR情報求人媒体などの複合的なデータを参照にした。参照期間は2019年1月〜2021年12月の直近3年間。

関連URL

調査結果の詳細

「SalesNow DB」

QuickWork

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス