1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ツクレル、新教材「M5Stack実践テクニック(仮)」早期アクセススタート

2022年4月12日

ツクレル、新教材「M5Stack実践テクニック(仮)」早期アクセススタート

ツクレルは10日、新教材の「M5Stack実践テクニック(仮)」の早期アクセスをスタートしたと発表した。

新教材の「M5Stack実践テクニック(仮)」は、すでに「M5Stack入門」の内容を把握し、次のステップに進みたい人にむけた技術書。M5Stackは使いやすいデバイスで、公式のセンサーユニットを使いUIFlowでプログラミングすれば簡単にプロトタイプを作ることができる。また、さらに踏み込んで、公式以外のセンサーとの接続方法や、標準のUIFlowにはない機能を追加できるカスタムブロックの活用、そして測定データを保存する方法など、具体的な例を挙げて紹介している。実践の場で使えることを目標にした内容となっている。本書のタイトルは仮称であり、変更される可能性がある。

同社では、早期アクセス価格で参加を募集している。通常1万8千円(税込)を早期アクセス割引 で3千240円(税込)で利用可能る。さらに早い段階で正式公開前のテキストにアクセスでき、そのまま正式公開のテキストも閲覧できるようになる。
早期アクセスは、現在2章まで閲覧可能。参加者には順次先行してテキスト公開する。

詳細・申込

関連URL

ツクレル

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス