1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スクール管理システム「SCHOOL MANAGER」、IT導入補助金2022対象ツールに認定

2022年4月19日

スクール管理システム「SCHOOL MANAGER」、IT導入補助金2022対象ツールに認定

VividWorksは18日、同社のスクール管理システム「SCHOOL MANAGER(スクールマネージャー)」が、「IT導入補助金2022」のデジタル化基盤導入枠の対象ツールに認定されたと発表した。


SCHOOL MANAGERは、スクール・塾・教室の管理運営に必要な諸機能をオンラインで提供するプラットフォーム。

東京都内の幼少児スクール向けに同社が開発した管理システムをパッケージ化し、生徒・保護者・講師・運営者それぞれにとって欠かせない基本機能を低価格で提供。個別の運営形態に合わせた仕様変更や独自機能の追加にも対応している。

「IT導入補助金2022」の対象プランは、サブスクリプションでの利用ができる「SaaS版」と、スクール独自のシステムとして導入できる「独自サーバー版」の2つで、「SaaS版」は最大2年分の利用料が補助対象。導入費用の最大3/4が補助される「デジタル化基盤導入枠」での申請ができる。

「SCHOOL MANAGER」の概要

・生徒管理:生徒情報の登録画面として個別のURLを生成。保護者による入力作業がオンラインで完結
・予約・振替管理:カレンダーで開講日時と担当講師、定員、申込者を管理。申込受付用の公開URLも発行
・入退室管理:ICカードとNFCリーダライタを利用し、非対面で記録した入退室情報を保護者に即時通知
・出欠管理:予約管理、入退室管理の両機能を連携させて出欠情報を自動集計。振り替え対応などを効率化
・拠点管理:各拠点と本部のシステム内権限を分けて管理。Webベースで、本部管理業務のテレワーク化にも対応
・講師管理:拠点別に講師情報を登録、生徒情報と紐付けてクラス単位の予定管理が可能
・集金代行:月謝の支払いにVisa、Mastercard、AMERICAN EXPRESS、JCB、Discover、Diners Clubでのクレジットカード、および同カード会社発行のギフトカードやプリペイドカードが利用できる
詳細

関連URL

「IT補助金」手続き詳細

VividWorks

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス