1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校生が選ぶ将来就きたい職業、3位に「教師」がランクイン=「渋谷トレンドリサーチ」調べ=

2022年5月2日

高校生が選ぶ将来就きたい職業、3位に「教師」がランクイン=「渋谷トレンドリサーチ」調べ=

アイ・エヌ・ジーは4月28日、「渋谷トレンドリサーチ」が、流行に敏感な関東の高校生男女200人を対象に実施した、「将来就きたい職業に関するトレンド調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、高校生が選ぶ将来就きたい職業の1位は「保育士」(4.5%)だった。女子高生の人気が高く、「子どもが好きだから」(高3女子)というコメントが多く寄せられたほか、「人を支える仕事でやりがいがある」(高2女子)、「母や姉と同じ道に進みたいから」(高2女子)などの声が寄せられた。

2位は「美容師」(3.6%)で、「美容のことが好きだから」(高2女子)、「髪を触るのが好きだから」(高2男子)などのコメントが寄せられた。

3位には「教師」(3.2%)がランクイン。「人に何かを教えるのが好きだから」(高1男子)、「歴史が好きで深く研究したい」(高2男子)といったコメントや「担任の先生に憧れている」(高3女子)という身近な人物とのエピソードも寄せられた。

また、昨年度の調査で1位だった「CA(キャビンアテンダント)」は4位(2.3%)に入った。新型コロナで大きな打撃を受けた業界の1つだが、依然として高校生にとっては「憧れの職業」であることが伺える。

以下、5位に「システムエンジニア」と「商社」が1.8%でランクイン。8位には「ウエディングプランナー」、「ダンサー」、「ファッション系」、「ヘアメイクアップアーティスト」、「モデル」、「営業」、「会社員」、「歯科衛生士」、「社長」、「薬剤師」がそれぞれ1.4%で入った。

ランキング外では、「放射線技師」や「Webデザイナー」、「出版社社員」などの職種が挙げられており、漫画やドラマをきっかけに憧れを持つ傾向が散見された。

また、「同世代で憧れているまたは、目指している人」を聞いたところ、 1位(2.9%)は、5人組人気YouTubeグループ「コムドット」リーダーやまと(23)さんだった。

理由には「社長職とYouTuberを両立しているから」(高1男子)、「カリスマ性とリーダーシップを感じる」(高1男子)、「収入が安定しているから」(高3男子)」などが挙げられ、我が道を突き進む姿が男子高校生からの人気を集めていることが分かった。

同率1位(2.9%)に、子役時代からマルチに活動している芦田愛菜(17)さんが入った。「頭が良くて可愛い」(高2女子)のほか、「芸能活動と勉学を両立していて凄い」(高1女子)などのコメントが多数寄せられた。

3位(2.4%)は、1位に引き続き「コムドット」がグループとしてランクイン。「考え方が素敵」(高3女子)、「YouTubeだけじゃなく色々なこともやっているから」(高2男子)などのコメントが寄せられ、好きなことをして生きる姿に一目を置いている様子が伺えた。

同率3位(2.4%)は、ファッションモデルでタレントの藤田ニコル(24)さん。「どんどん可愛くなっていっているし、スタイルが良くて頭の回転が早いから」(高1女子)、「流行の最先端を先取りしているから」(高2男子)というコメントが寄せられ、年齢を重ねた現在も多くの高校生から支持され続けている。

以下、5位に「ねお」と「加藤乃愛」が1.9%でランクイン。7位に「なえなの」、「ゆうた」(コムドット)、「永野芽郁」、「生見愛瑠」、「植村颯太」、「池田美優」、「浜辺美波」、「平野歩夢」がそれぞれ1.4%で入った。

また、「次に流行ると思う物事」を聞いたところ、言葉では「シャバい」が選ばれた。さえない、根性がない時などに使われる言葉で、30年前に流行した言葉がレトロブームの渦中にいるティーンの間でリバイバル中。

ポーズでは「ぱーてぃーちゃんポーズ」。「ぐるナイおもしろ荘」に出演後、人気上昇中のお笑いトリオぱーてぃーちゃんの決めポーズで、イヴ・サンローランのロゴマークがモデルになっているという。

食べ物では「なめらかプリンパフェ」。5人組人気YouTuberコムドットのやまとさんが大好物のなめらかプリンパフェで、動画で取り上げられて以降、売り切れ続出という。

人物(アーティスト)では「JASPĘR」。2021年12月リリースの楽曲「Hello」が配信直後にTikTokトレンド音源に選出され、人気が急上昇しランキング入りした。

また、人物(芸人)では「なかやまきんに君」も選ばれた。筋肉タレントが注目される今、元祖筋肉芸人のなかやまきんに君が再ブレイク中で、YouTubeチャンネルの登録者数が150万人を突破するなど、じわじわと人気が上昇中だという。

この調査は、流行に敏感な関東の高校生男女(15~18歳)を対象に、3月3日~11日にかけて、WEBアンケートの形で実施した。有効回答人数は200人。

関連URL

調査結果の詳細

アイ・エヌ・ジー

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス