1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小中学生が「将来就きたい仕事」男女ともに「警察官・刑事」がランクイン

2018年3月27日

小中学生が「将来就きたい仕事」男女ともに「警察官・刑事」がランクイン

アデコは、日本全国の小中学生1000人を対象に「将来就きたい仕事」に関するアンケート調査を昨年11月に実施、26日その結果を公表した。

中学生の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング トップ10:男子

小中学生の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング トップ10:男子

今回で5回目となる同調査によると、小中学生が将来就きたい仕事の1位は、男子が「サッカー選手」8.0%、女子が「パティシエ」14.4%となった。「パティシエ」は4年連続で女子の小中学生が将来就きたい仕事の1位となった。

小中学生の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング トップ10:女子

小中学生の子どもの「将来就きたい仕事」ランキング トップ10:女子

女子の将来もっとも就きたい仕事に「警察官・刑事」が調査開始以来、初めてトップ10入り (3.9%)。「警察官・刑事」は、男子の3位 (5.6%) にもランクインしている。また、「野球選手」5.6%が3年ぶりにトップ3に入った。

また、「医者」が男子の2位 (6.4%)、女子でも同じく2位 (7.4%) となっているが、「医者」は調査を開始して以来、男女双方とも常にトップ10に入っており、安定して人気の職業であることが窺える。

さらに、前回の調査では「会社員 (サラリーマン・OL)」が男子のもっとも就きたい仕事の1位に、女子の2位に選ばれていたが、今回は男子のランキングで7位、女子では9位という結果になった。

小中学生が好きな教科、嫌いな教科を訊ねたところ、好きな教科の1位は「算数・数学」24.1%で、2位「体育・保健体育」、3位「国語」と続いた。 嫌いな教科でも「算数・数学」が20.9%で1位となり、2位が「国語」、3位が「体育・保健体育」で、同様の結果となった。

調査概要

調査対象:日本全国の⼩中学⽣(6 歳〜15 歳の男⼥)1000人
調査方法:インターネット調査
実施時期:2017年11 月

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス