1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小中学生が将来就きたい仕事、1位は男子「YouTuber」、女子「パティシエ」=アデコ調べ=

2022年3月16日

小中学生が将来就きたい仕事、1位は男子「YouTuber」、女子「パティシエ」=アデコ調べ=

アデコは15日、日本全国の小中学生1800人(男子900人・女子900人)を対象に実施した、「将来就きたい仕事に関する調査」の結果をまとめ発表した。

同調査は2014年に開始し、今回で8回目。それによると、「大人になったらどのような仕事をしたいか」と質問したところ、男子の1位は「YouTuber」6.1%、女子の1位は「パティシエ(お菓子職人)」13.4%だった。

「YouTuber」は2年連続で小中学生男子が選ぶ「将来就きたい仕事」の1位で、「パティシエ(お菓子職人)」は3年連続で小中学生女子が選ぶ「将来就きたい仕事」の1位。

今回の調査では、小中学生男子が選ぶ「将来就きたい仕事」のトップ10に、「YouTuber」(1位)、「エンジニア・プログラマー」(4位)、「ゲームクリエイター」(7位)と、デジタルテクノロジーと親和性の高い3つの仕事が2年連続で同時にトップ10入りした。

男子小中学生の間では、デジタル関連の仕事がすでに一般的なものになっていることが伺える。

また今回、女子中学生が選ぶ「将来就きたい仕事」の1位に、初めて「医者」が選ばれた。コロナ禍での医療従事者の活躍に影響を受けているとも考えられる。

「もっとも好きな教科」を聞いたところ、1位は「算数・数学」20.6%で、以下、2位「体育・保健体育」15.2%、3位「図画工作・美術」13.2%と続いた。

その一方で、「算数・数学」は「嫌いな教科」として挙げた子どもも多く、「嫌いな教科」でも1位(24.1%)になった。嫌いな教科の2位は「国語」15.1%、3位は「体育・保健体育」7.3%だった。

この調査は、全国の⼩中学⽣の男⼥1800人(各学年男女100人ずつ)を対象に、2021年12月14日~20日にかけて、インターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

アデコ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 「ICT活用のハードルを下げる方法」とは? PDFで無料配布中 株式会社YEデジタル
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス