1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 永谷園、食物アレルギーに関する「副読本」10万部を全国の小学校に無料配布

2022年5月16日

永谷園、食物アレルギーに関する「副読本」10万部を全国の小学校に無料配布

永谷園は、食物アレルギーに関する副読本「知ろう!学ぼう!食物アレルギー~みんなでいっしょにおいしく食べよう~」(B5判16ページ)10万部を、全国の小学校に無料配布することを決め、申込みの受付を開始した。

この取り組みは、同社をはじめ、オタフクソース、ケンミン食品、日本ハム、ハウス食品の食品メーカー5社が協同で実施する「プロジェクトA」と題する活動で、昨年度から開始。

2年目の2022年度は、配布部数を昨年度の8万部から10万部に増やし、全国16エリアを中心に、申込みをした小学校に順次、希望部数を無料配布する。

副読本は、「食物アレルギーとは何か」から始まり、食物アレルギーに対する理解を深める構成になっている。食物アレルギー表示の事例や食物アレルギー配慮レシピなど、食品メーカーならではの情報を交え、身近で分かりやすい内容。

また、小学生が自分ゴトとして捉えやすいように、同年代のキャラクターによる漫画を取り入れたり、給食の時間や放課後の公園といった、小学生の生活場面を通して伝える工夫もされている。

2022年度は、授業の充実を図れるよう、副読本を活用した授業での「児童からの主な質問と回答」も新たに制作。プロジェクトAが講師となり実施した「オンライン出前授業」での質問事項や回答例をまとめ、特設Webページに掲載。

副読本を申込し込んだ小学校を対象に実施する「オンライン出前授業」も、5月から案内・受付を開始。9月1日~2023年2月28日の実施期間で、参加校を募集している。

【副読本の申込み概要】
申込み期間:6月30日(木)まで受付〈なくなり次第終了〉
対象:学習の理解度が高まる小学5~6年生を主な対象とし、家庭科や保健、総合学習などの授業での活用を想定
料金:無料
問合せ:全教図「副読本係」E-mail:info@zenkyozu.co.jp

関連URL

永谷園

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス