1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 武蔵野大学、工学部サステナビリティ学科を2023年4月に開設

2022年5月20日

武蔵野大学、工学部サステナビリティ学科を2023年4月に開設

武蔵野大学は18日、2023年4月1日に「工学部サステナビリティ学科」を有明キャンパスに開設すると発表した。人間社会や地球環境のサステナビリティに対する深い理解に基づき、ソーシャルデザイン及び環境エンジニアリングの知識・方法・技術によって、サステナブルな世界の実現に貢献できる人材を養成する。

近年の環境危機、貧困格差、紛争・戦争に伴う人権・難民問題などのさまざまな環境・社会問題を解決し、乗り越えていくため、サステナビリティ(持続可能性)やSDGsの考え方の重要性はますます高まっている。これらの課題に対し、同大学では新たに工学部サステナビリティ学科(設置構想中)を開設し、ソーシャルデザインと環境エンジニアリングを通して人間社会と地球環境のサステナビリティを実現する力や、企業や行政、NPOなどで推進する力を身に付けた人材の養成を目指す。

同学科の特長は、文理融合型のカリキュラムを採用した「ソーシャルデザインコース」と「環境エンジニアリングコース」の2つのコースと、実社会をフィールドとした実践型プロジェクト。

「ソーシャルデザインコース」では多様な人との協働によってサステナビリティを推進する仕組みや事業をデザインし実行する力を学び、「環境エンジニアリングコース」では環境調査や分析・設計など工学的な方法により環境問題の解決策を検討し提案する力を修得する。

同学科の学びの中心となる実践型プロジェクトには、1週間に400分の時間をあてがう。現実社会の課題を見つけ、企業や地域社会と連携し、現実社会の課題解決および解決に向けた先進的な研究に挑戦する。

関連URL

「工学部サステナビリティ学科」

武蔵野大学

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス