1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 舞鶴高専、「実務家教員育成研修プログラム2022」の受講者を募集

2022年5月20日

舞鶴高専、「実務家教員育成研修プログラム2022」の受講者を募集

舞鶴工業高等専門学校(舞鶴高専)社会基盤メンテナンス教育センターは、建設業界のベテラン技術者が「教えるための技術」を学ぶプログラム「実務家教員育成研修プログラム2022」の受講者を、5月31日まで募集している。

同プログラムは、個々の技術者が実務経験で培ってきた技術力をベースに、インフラメンテナンス分野の実務家教員として活躍するための知識や技術、そして教育実践力を修得することができる。

教育プログラムの開発・実施ノウハウを学び、教材開発から教育実習までを実際に体験・実践する、中身の濃いプログラム。7講座で構成される約8カ月間のプログラムで、各講習会の約3週間前から、事前学修としてeラーニングを受講。

修了生には,インフラメンテナンス分野のリカレント教育の非常勤講師として、高専での活躍の場をアレンジする。

プログラムの概要

開催日程:7月9日(土)~2023年2月4日(土)
開催日数:月1~2日(全6回、計9日間)
会 場:大阪市内および舞鶴高専「社会基盤メンテナンス教育センター」
申 込:応募書類(実務家教員育成研修プログラム受講申込書)に必要事項を記入の上、実務家教員育成研修プログラム事務局(jp-reim@maizuru-ct.ac.jp)宛のメールにファイル(WordまたはPDF)添付して提出
応募書類:ホームページからダウンロード
応募締切:「第1次募集」5月16日(月)まで、「第2次募集」5月31日(火)まで
選考結果:「第1次募集」は5月下旬、「第2次募集」は6月上旬にメールで通知(応募書類に基づく書類選考を実施)
参加費(税込):11万円(2022年度は文科省補助金を充当しており、通常より安い価格で受講できる)

詳細

関連URL

舞鶴高専「社会基盤メンテナンス教育センター」

舞鶴高専

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス