1. トップ
  2. データ・資料
  3. 8割以上が保育のITC化を進めてよかったと回答 =クオリテック調べ=

2022年5月20日

8割以上が保育のITC化を進めてよかったと回答 =クオリテック調べ=

クオリテックは18日、幼稚園・保育園の経営者、子どもが幼稚園・保育園に通っている保護者を対象に、「保育ICTの実態」に関する調査を実施した結果を明らかにした。

それによると、幼稚園・保育園の経営者への「保育のICT化を進めていますか?」の問いには、「かなり進めている(25.5%)」「やや進めている(45.7%)」「あまり進めていない(18.5%)」「まったく進めていない(10.3%)」という結果になった。

「保育ICTシステムを取り入れてよかったと思いますか?」の問いには、8割以上の人が「とてもよかったと思う(30.2%)」「わりとよかったと思う(56.2%)」と回答。具体体には、「教員・保育者の業務が軽減された(54.1%)」「教員・保育者の残業が減った(43.4%)」「保育記録、勤務時間、給与などのデータの閲覧が簡単になった(39.2%)」との回答が寄せられた。

一方、「保育のICT化を進められない理由を教えてください」の問いには、「使いこなせる自信がない(38.1%)」と回答した人が最も多く、次いで「教員・保育者が使用法を学習する時間がない(26.8%)」「価格が高い(22.7%)」と続いた。

また、「保育ICTシステムは必要だと思いますか?」の問いには、7割以上の人が「とてもそう思う(32.2%)」「ややそう思う(43.9%)」と回答。

続いて、子どもが幼稚園や保育園に通っている保護者に向けて、「お子さんが通っている園では保育のICT化が進んでいると思いますか?」の問いには、「とても進んでいると思う(5.5%)」「どちらかといえば進んでいると思う(31.5%)」「あまり進んでいないと思う(41.7%)」「まったく進んでいないと思う(21.3%)」という結果になった。

「保育のICT化が進めばどんなメリットがあると思いますか?」の問いには、「欠席、遅刻、延長保育などの連絡が簡単にできる(71.3%)」と回答した人が最も多く、次いで「緊急連絡をタイムロスなく受けられる(56.1%)」と続いた。

さらに、「幼稚園・保育園のICT化を進めるべきだと思いますか?」の問いには、8割以上の人が「とてもそう思う(32.1%)」「ややそう思う(51.0%)」と回答。「とてもそう思う」に回答した人の意見には、「対面だと時間を取られるし、紙だと見るのを後回しにしてしまう(30代/女性/沖縄県)」「口頭でのやりとりは忘れるから(40代/女性/岐阜県)」などの声が寄せられた。

また、「どのような面で保育のICT化をしてもらいたいですか?」の問いには、「欠席、遅刻、延長保育などの連絡(71.9%)」と回答した人が最も多く、次いで「緊急連絡(57.5%)」「保育記録の閲覧(50.6%)」と続いた。

クオリテックでは、送迎される側とする側、双方の課題を解決するスマホを利用した位置情報管理クラウドサービス「iHere」を提供している。運営者には、業務の効率化、コストの削減と意識改革などに、一方、利用者には、計画的な行動、安心感を得られるなど、双方にメリットがある仕組みになっている。

関連URL

iHere
クオリテック

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス