1. トップ
  2. データ・資料
  3. 保護者の8割以上が「子どもに金銭教育を受けさせたい」と回答=GOEN調べ=

2021年11月11日

保護者の8割以上が「子どもに金銭教育を受けさせたい」と回答=GOEN調べ=

GOENは10日、世帯年収500万円以上で4~10歳の子どもを持つ共働きの親(男女)1008人を対象に実施した、「将来設計と教育に関する調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、「将来設計を立てているか」と質問したところ、「はい」72.1%、「いいえ」27.9%という結果になった。また、「資産形成について関心はあるか」との質問では、「ある」が81.3%、「ない」が18.7%だった。

「資産形成に関して、具体的に何か取り組んでいるか」を聞いたところ、「取り組んでいる」55.0%が最も多く、次いで「取り組みたいと思っているが、何をしたらいいか分からない」25.8%、「これから取り組む予定」19.3%と続いた。

「資産形成に関して取り組んでいることや考えていることを具体的に教えて」と質問したところ、「学資保険」、「iDeCoやNISA」、「ジュニアニーサ」、「住宅投資など」、「FX、投資信託」、「貯蓄」といった回答が寄せられた。

「将来設計に関しての悩みや不安はあるか」との質問では、「少しある」49.5%、「とてもある」31.2%と、8割以上が何らかの不安を抱えていることが分かった。

「将来設計に関する悩みや不安の具体的な内容」を聞いたところ、「いつまで働けるか不安」、「貯金して貯まってもすぐにまとまったお金が出て行く」、「生活できるだけの年金がもらえるかどうか」、「教育費と老後の資金」などの回答が寄せられた。

また、「子どもの頃に金銭教育を受けたかったと思うか」と質問したところ、「ややそう思う」43.2%、「とてもそう思う」30.8%と、7割以上が子どもの頃に金銭について学び、知識を身に付けたかったと考えていることが分かった。

では、「自分の子どもに金銭教育を受けさせたいと思うか」を聞いたところ、「ややそう思う」44.0%、「とてもそう思う」38.1%と、こちらも8割以上が子どもに金銭教育を受けさせたいと思っていることが分かった。

「子どもに金銭教育を受けさせたい具体的な理由」を聞いたところ、「ライフプランをしっかり設計してほしいから」、「苦労させたくないから」、「色々なことに興味を持たせたいので」といった回答が寄せられた。

「子どもに金銭教育を受けさせる場合、どんなことについて学んでほしいか」を質問したところ、「お金の大切さ」70.9%との回答が最も多く、次いで「お金を稼ぐことの大変さ」63.7%、「お金の使い方(計画性・堅実性など)」61.2%と続いた。

この調査は、世帯年収500万円以上で4~10歳の子ども持つ共働きの親(男女)1008人を対象に、10月5日にインターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

キッズマネースクール

GOEN

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
先生方の負担にならない 校務用PCの二要素認証ログイン 指タッチだけで簡単ログイン リモートアクセスも簡単にできる! 詳しくはこちら YubiPlus
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
NEWSサイト作成・運営 オウンドメディアに最適 wanitel

アーカイブ

  • 資料請求 無料体験 朝日小学生新聞 朝日中高生新聞 デジタル for School
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • Biz安否確認/一斉通報 アカデミックプラン 教職員・学生の安否確認に
  • 使いやすさNo.1の充電保管庫 BYOD予備機にも最適! 早割キャンペーン 詳しくはクリック! lockncharge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 訴求力をUPさせるワンランク上の提案書 無料セミナー実施中! Out-Sourcing! Technology
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス