1. トップ
  2. データ・資料
  3. Miraie、20代の学習経験者対象に「プログラミング学習に関する調査」

2020年8月14日

Miraie、20代の学習経験者対象に「プログラミング学習に関する調査」

Miraieは13日、プログラミングを習った経験がある20代の男女1000人を対象に実施した「プログラミング学習に関する調査」の結果をまとめ発表した。

それによると、プログラミングを学ぼうと思ったきっかけを尋ねたところ、「高校や大学でプログラミングに触れて興味を持ったから」(25.8%)という回答が最も多く、以下、「元々IT分野に興味があったから」(16.8%)、「スキルアップのため」(10.4%)、「エンジニアになりたいから」(10.2%)と続いた。

「受講している講座はオンライン・オフラインのどっち?」との質問では、「オンライン」(43.9%)、「オフライン」(56.1%)という結果になった。

また、「プログラミング学習を始めるにあたって大変だったことは何か」と質問したところ、
「基礎知識の学習」(45.1%)という回答が最も多く、以下、「プログラミング言語の選定」(43.7%)、「専門用語の理解」(32.9%)、「プログラミング環境の構築」(29.6%)、「英語の理解」(24.8%)と続いた。

「講座の受講で使っているツール」を尋ねたところ、「テキストエディタ」(31.6%)が最も多く、以下、「ビジネスチャット」(31.1%)、「ビデオ会議ツール」(30.4%)、「統合開発環境」(20.7%)と続いた。

「プログラミングを学習する上で苦労していること」は、「プログラミング言語の習得」(51.1%)が最も多く、以下、「覚えることが多過ぎて学習が進まない」(35.6%)、「コードの最適解」(30.7%)、「エラー時の画面共有」(28.4%)、「クロスブラウザの対応」(16.1%)、「質問できる環境がない」(9.4%)と続いた。

「講座の受講で使うツールに欲しい機能」は、「チャット」(38.2%)が最も多く、以下、「自分のPC画面の共有」(37.6%)、「音声通話」(31.6%)、「ソースの共同編集」(22.4%)、「PC画面へのコメント(アノテーション)」(20.5%)、「プログラムの実行」(20.2%)と続いた。

また、「プログラミングを学習するメリット」を聞いたところ、半数近くが「スキルアップに繋がる」(49.3%)と回答。

以下、「収入アップに繋がる」(17.8%)、「転職や独立・起業がしやすい」(12.2%)、「1から新しいものを作ることができる」(10.5%)、「論理的思考が身に付く」(8.8%)と続いた。

「身に付けたスキルを活かして将来やりたいこと」を聞いたところ、自動車の開発、人の役に立つプログラム開発、さまざまな業種から頼られるエンジニアになりたい、IT企業を起業などがあがった。

この調査は、プログラミングを習った経験がある20代の男女1038人を対象に、8月4日と5日に、インターネットで実施。

関連URL

Miraie

AI x アダプティブラーニング 低負荷で個別最適の学びを実現 すらら 活用事例はこちら
Classi 文科省指定校 神奈川県立山北高等学校 Classiで地域課題にチャレンジ! 高齢化 防災 過疎化 産業 探求事例のご紹介
期間限定ウェビナー 無料配信中 自動生徒用端末の運用と活用のポイント GIGAスクール構想 1人1台端末を効果的に活用するには? Sky
子どもが「主役」の学びを実現するデジタル教材プラットフォーム デジタルドリル+学び合いツール “自分”で学ぶ 学びを“支える” “一緒”に学ぶ navima(ナビマ) 詳細はこちら
BUFFALO 1人1台に向けたICT環境整備 GIGAスクール構想の実現
オンライン授業の双方向化と視聴確認に リアルタイムアンケート respon -レスポン- クイックスタートプラン くわしくはこちら
全国ICTクラブ協会(NICA) お子さま用PCレンタル付き いつでもどこでも始められる オンライン個別プログラミング!

アーカイブ

  • 「Chromebook」&「G Suite for Education」を活用するための学校無線LANスタートアップブック ダウンロードページはこちら FURUNO SYSTEMS
  • 保護者連絡代行サービス 学校の働き方改革 先生の業務負担軽減 ここをクリック!導入事例公開中 FUJISOFT
  • GIGAスクール構想に! Chromebook(TM)パック Google for Education x CHIeru 詳細ページへ
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス