1. トップ
  2. データ・資料
  3. Z世代が選ぶ「英語の先生になって欲しい有名人」、TOP3はフワちゃん、石原さとみ、なかやまきんに君=Simeji調べ=

2022年5月31日

Z世代が選ぶ「英語の先生になって欲しい有名人」、TOP3はフワちゃん、石原さとみ、なかやまきんに君=Simeji調べ=

バイドゥは30日、同社のアプリ「Simeji」が、10〜24歳のユーザー男女1208人を対象に実施した、「英語の先生になって欲しい有名人TOP10」ランキングをまとめ発表した。


それによると、「英語の先生になって欲しい有名人」の第1位は「フワちゃん」だった。今やTVでは見ない日はないと言っても過言ではないYouTuberフワちゃん。「テンション高くて眠くならない!」「英語を楽しく、わかりやすく教えてくれそう」「クラスが明るくなりそう!」などの声が多数寄せられた。

第2位は「石原さとみ」。英会話イーオンのイメージキャラクターを務めたこともあり、CMでも流暢な英語を披露。「丁寧に教えてくれそう」「教え方がすごくわかりやすそう!」「発音がいい」などと、英語を学びたいZ世代にとっては理想の教師像のようだ。

第3位は「なかやまきんに君」。「英語の授業がいつもより楽しくなりそう」「ボケとか挟んできて覚えやすそう」「すごく面白そう」「何でもパワーで解決してくれそう」などといった声が聞かれた。

第4位は「ゆりやんレトリィバァ」。アメリカの人気オーディション番組「America’s Got Talent(アメリカズ・ゴット・タレント)」に出場経験のある彼女。「楽しみながらネイティブな英語が学べそう」「分かりやすく教えてくれそう」「面白い授業になりそう」などの声が寄せられた。

第5位は「渡辺直美」。2021年から活動拠点をアメリカへ移した彼女。「海外に居て英語ベラベラ」「ノリありそうな授業になると思う」などの声が集まった。日本に留まることなく海外でも多方面に活躍する姿は、Z世代にとっても憧れの的のようだ。

以下、第6位「田中みな実」、第7位「小島よしお」、第8位「河北麻友子」、第9位「GACKT」、第10位「こがけん」と続いた。

この調査は、アプリ「Simeji」の、10〜24歳の男女ユーザーを対象に、4月28日~5月9日にかけて実施。有効回答数1208人のデータをランキング化した。

関連URL

ランキングの詳細

「Simeji」

バイドゥ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス