1. トップ
  2. データ・資料
  3. コロナ禍の学生生活あるある、1位「マスク外す瞬間、謎の緊張感」、2位「マスクでみんな美男美女に見える」=Simejiランキング=

2022年9月13日

コロナ禍の学生生活あるある、1位「マスク外す瞬間、謎の緊張感」、2位「マスクでみんな美男美女に見える」=Simejiランキング=

バイドゥは12日、同社のキーボードアプリ「Simeji」が、全国の男女412人を対象に実施した、「Z世代が選ぶ!! コロナ禍での学生生活あるあるTOP10」のデータをランキング化した「Simejiランキング」を発表した。


それによると、コロナ禍での学生生活あるある第1位は「マスク外す瞬間、謎の緊張感」というものだった。「お互いに顔を知らなくて、恥ずかしい」、「理想の顔と違うと思われてしまうかもしれない」、「あの子マスク美人だとか思われたくない」などといった声が多く集まった。

第2位は「マスク効果でみんな美男美女に見える」。「目元だけだとあまりその人の顔がハッキリとは分からないから、自分の想像でイケメンだな、可愛いなと思う」、「マスクで顔が小さく見える」、「目が大きい人はみんなマスク美人・美男に見える」などの声が寄せられた。

第3位は「無言で給食を食べる」。「喋りたいけどコロナのせいで友達と喋れない!」、「喋っちゃダメだから目が合うと、気まずい」、「ご飯の時間だけめっちゃ静か」などの声が寄せられた。

第4位は「マスク忘れたら絶対家に取りに戻る」。「周りの目が気になってしまう」、「もうコロナが当たり前になってつけなきゃ死ぬ感覚」、「外していたら嫌な目で見られそう」、「体裁が悪い」といった声が集まった。

第5位は「 コロナ禍で知り合った友達のマスク下の顔が気になる」。「素顔を知らない」、「マスクの下が単に気になる」、「絶対みんなマスクの下も可愛いだろうからめっちゃ気になる」などの声が聞かれた。

以下、第6位「配布されたタブレットで遊ぶ」、第7位「オンライン授業、上半身だけきっちり」、第8位「コロナも怖いけど自粛警察も怖い」、第9位「家でやる提出課題(宿題)が多い」、第10位「マスク生活でクラスメイトの顔が覚えづらい」と続いた。

この調査は、同社の日本語入力&きせかえ顔文字キーボードアプリ「Simeji」の全国のユーザーを対象に、8月29日~9月5日にかけて、同アプリ上でアンケート調査を行い、そのデータをランキング化した。有効回答数は、10~24歳の男女412人。

関連URL

調査結果の詳細

アプリ「Simeji」

バイドゥ

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス