1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. スマホ教室支援サービス「Smable」、「おかえり集学校プロジェクト」に採用

2022年6月17日

スマホ教室支援サービス「Smable」、「おかえり集学校プロジェクト」に採用

「わかるとできる」は16日、同社のスマホ教室運営支援サービス「Smable(スマブル)」が、リングローが取り組む「おかえり集学校プロジェクト」に採用されたと発表した。

すでに、今年5月以降、千葉県の長南集学校が主催する、長南町中央公民館でのスマホ教室で「Smable」が採用されている。

「Smable」は、スマホの基本的な操作やアプリの使い方を解説した動画コンテンツを活用する事で、スマホ教室の開催をサポート。スマホ教室の開催を簡単に、シンプルに行えるよう、人材・時間・ノウハウなどの課題を解決する。

一方、「おかえり集学校プロジェクト」は、パソコンなどの再生事業を行うリングローが主体となって取り組んでいる全国規模の長期プロジェクト。

全国各地にある廃校を、人びとが集うIT交流拠点として再生し、少子高齢化対策や雇用創出を含めた様々な面で持続可能な地域づくりに貢献していくことを目的としている。

2017年4月に、山形県内にある舟形町(人口約5500人)の旧長沢小学校からスタートし、2022年6月現在、プレオープンを含め11校の集学校を開校・運営。2025年までに全国都道府県に1校ずつ開校するのが目標。

関連URL

「Smable」詳細

わかるとできる

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス