1. トップ
  2. イベント・セミナー
  3. 「ICC キッズ・プログラム 2022 どうぐをプレイする Tools for Play」夏休み開催

2022年7月1日

「ICC キッズ・プログラム 2022 どうぐをプレイする Tools for Play」夏休み開催

NTT東日本が運営する文化施設NTTインターコミュニケーション・センターは6月29日、子どもから大人まで楽しめるイベント「ICC キッズ・プログラム 2022 どうぐをプレイする Tools for Play」を7月から開催すると発表した。

「ICC キッズ・プログラム」は、最新のメディア・アートに触れて子どもたちの好奇心と想像力を育むことを目的に、2006年から毎年夏休みに開催してきた。今年度の同イベントは人間の発明やテクノロジーの原点ともなる「道具」をモチーフに、いろいろな目的や用途のために作られた道具を、どのように「プレイする」かによって、さまざまにとらえ直すことをテーマとする。

同時代のメディア・アートやメディア環境から発想された作品に触れ、子どもたちの好奇心と想像力を育むことを目的に、インタラクティブな展示作品や体験型、参加型の作品の展示、ワークショップなどを実施。

英語の「プレイ」には、「遊ぶ」、「試合をする」、「ゲームをする」、「演奏する」、「再生する」、「役を演じる」などの意味が含まれる。「どうぐをプレイする Tools for Play」展を通して、道具に対する視点を変えたり、道具をいつもの役割から解放したり、道具の中身をのぞいてみたり、しくみを調べてみたり。ふだん使っている道具から、新しく生み出される道具まで、イマジネーションを広げる。

子どもたちの「もっとよく知りたい」に応えるためのワークショップなど各種イベントも実施予定。最新情報は ICC ウェブサイトなどで知らせる。

開催概要

開催日時: 7月23日(土)~8月28日(日)11:00~18:00
開催方法:
<リアル展示>NTT インターコミュニケーション・センター [ICC] ギャラリーA
<オンライン展示>ハイパーICC
入場料 :無料 ※事前予約制・当日入場は事前予約者を優先
体験料:無料

関連URL

NTTインターコミュニケーション・センター

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス