1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. アビタス、日本で学べる「米国MBAプログラム」の12月入学生の募集を開始

2022年7月4日

アビタス、日本で学べる「米国MBAプログラム」の12月入学生の募集を開始

国際資格の専門校アビタスは、留学不要・完全オンラインで「米国MBA」(経営学修士)を取得できる「マサチューセッツ大学(UMass)MBAプログラム」の27期生(2022年12月入学)の募集を、7月1日から開始した。

同プログラムは、現地オンライン講義に合流する前に、日本人講師による「基礎課程」を通じて無理なく英語力を上げられるのが特長。

27期生の出願1次締切りは8月31日、募集人数は60人で、事務局があるアビタスでは7月2日から、説明会・体験講義を随時オンラインで開催している。1次締切りまでに申し込むと受講料の早期割引のほか、「英文会計入門」をはじめとした入学準備のプレ講座(無料)も開講まで余裕をもって学習できる。

同プログラムは、米国マサチューセッツ州立大学ローウェル校のオンラインMBAプログラム。世界中どこからでも講義に出席できるだけでなく、ライブ講義の時間帯を逃してもアーカイブ講義でキャッチアップできる。

現地の英語オンラインプログラムである「上級課程」に進む前に、日本人講師による「基礎課程」を組み合わせた2段階式で提供。基礎課程があることで、英語力のベースを作り、財務会計などMBAに必要な知識も身に付けた上で進級することができる。

「基礎課程」「上級課程」合わせて最短1年10カ月で修了できるが、最長5年間在籍でき、ペースを抑えて少しずつ履修することもできる。

同プログラムは、2022年で開講10周年を迎え、出産・育児休業中のビジネスパーソンも含め日系、外資系問わず556人の卒業生(2022年5月時点)を輩出。

【27期生募集概要】
1次締切:8月31日(水)
最終締切:10月31日(月)
初講日:12月初旬予定
募集人数:60人
入学資格:
・4年制大学卒業の学位を有していること
・一定の英語力を有していること〈TOEIC700点以上またはTOEFL100点(iBT)以上〉(米国現地のオンラインプログラムに合流する「上級課程」進級までに必要で、入学時点での提出は不要)

「説明会・体験講義」詳細・申込み

関連URL

アビタス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス