1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 日本文化教育推進機構、「学校ブックオフ」プロジェクト 授業実践校を募集

2022年7月11日

日本文化教育推進機構、「学校ブックオフ」プロジェクト 授業実践校を募集

日本文化教育推進機構は7日、ブックオフグループホールディングスと共同で、全国の小学校・中学校・学童などを対象に「SDGsとキャリア教育」の融合プログラム「学校ブックオフ」プロジェクトの実践校を募集すると発表した。

マイバックを作ろう(小学校3年生~)、本の価値って、どのくらい?(小学校5年生~)、学校にブックオフをつくろう!(小学校5年生~)の3つのプログラムから学校の事情に合ったものを、希望する時数で実践できる。

マイバックを作ろう(小学校3年生~)は、3Rについての理解を深めた後、「モノ」の寿命を伸ばそう!をテーマに、家にある着なくなったTシャツを持ち寄り、一人一つずつ、Tシャツをリメイクしてマイバック(エコバック)を作る。針と糸を使わず、裁ちばさみだけあれば、小学校3年生でも1時間授業で完成する。

本の価値って、どのくらい?(小学校5年生~)は、子どもたち自身が「家にある読まなくなった本を買い取って値段を付けるとしたら?」について考え、自力で査定した金額をオンラインでブックオフのスタッフにオンライン上でプレゼンした後、ブックオフスタッフが「正しい査定段階」と「査定方法」「本の扱い方」について、プロの技を伝授する。なぜ「値段がつけられない本」も無料で引き取るのかに疑問を持ち、その引き取られた本が100%リサイクルされていることを知って、ブックオフが「循環型社会への過渡期」を支えていることを経験的に学ぶ。

学校にブックオフをつくろう!(小学校5年生~)は、査定方法を学んだあと、学校でブックオフを開店。子どもたちは体験を通し、クラスメイトと楽しみながら、本をリユースすることを覚えていく。

「学校ブックオフ」プロジェクト詳細・問合せ

申込み

関連URL

日本文化教育推進機構

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena Action 2022 来年度プロダクト・アップデート発表会 08.20(土) 14:00~17:00 ONLINE Special Talk Session
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス