1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. Maria Project、「絵本読み聞かせアプリ」機械音声をナレーターの声に改編

2022年7月13日

Maria Project、「絵本読み聞かせアプリ」機械音声をナレーターの声に改編

知育で子育てをサポートするMaria Projectは13日、考えて伝える力を伸ばす知育アプリ「KIKASETE(きかせて)」で絵本の読み聞かせ機能のアップデートを行い、従来の機械音声からプロのナレーターによる音声に変更する。


男女30・40代について、ライフステージ別の家事時間は、小学校入学前の小さな子どもがいる女性は、家事時間が1日あたり9時間37分と、「子どもが小学生以上」、「結婚していない」女性に比べて非常に長くなっている。男性も家事時間は短いものの、働き盛りで仕事時間が長く、小さな子どもがいる家庭は男女ともに時間に追われている現状がある。

同社では、絵本を題材とした同アプリを開発。絵本の読み聞かせをアプリが行った後、気持ちや考えを引き出す質問を投げかけ、子どもに発言してもらう対話機能を備えている。親はアプリをしている子どもの側で家事や自分のことをしながら、子どもの考えに触れてコミュニケーションを取ることができるように工夫されている。

今回のアップデートでは、様々な年代の男女のプロのナレーターを起用し、絵本の世界観に合わせたナレーションづくりを行った。これにより従来の機械音声よりも、絵本への親しみやすさや絵本の世界への没入感をもたらすようになった。

同アプリは、「絵本の読み聞かせをしたいのに、時間を取るのが難しい」と同社代表の悩みから誕生した。同社では、今回のアップデートを通じて、絵本を通じた親子のコミュニケーションの時間を確保し、時間に追われる親の助けとなることを目指す。

関連URL

Maria Project

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス