1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. AI活用による労働力不足の解決に取り組むRUTILEA、京都大学との共同研究を開始

2022年7月25日

AI活用による労働力不足の解決に取り組むRUTILEA、京都大学との共同研究を開始

RUTILEAは21日、京都大学との共同研究契約を6月に締結したと発表した。

京都大学との共同研究により、情報通信技術やブロックチェーン技術を用いて物理的な国境を超えて仕事をする、デジタル上の移民によるビジネスモデルが成立することを検討する。デジタル上の移民とは、リモート環境下で、国境を越えて労働力を提供すること。

研究内容は、デジタル上の移民が提供できる業務の特定とその市場規模や参入難易度の調査。遠隔地からのリモートコントロールによるロボットの制御実験。デジタル上の移民が生み出す新しい課題に関する検討。

研究を通じて、デジタル上の移民によるビジネスモデルの確立を目指し、2024年を目標に学会などへの研究報告を行う予定だという。

同社はこれまで、製造業、物流業、小売において、マシンビジョンによる労働力不足の解決に取り組んできた。

関連URL

RUTILEA

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス