1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. プログラミング、約半数が「できるだけ早く始めたい」ものの「難しそう」が障壁に=SAMURAI調べ=

2022年7月28日

プログラミング、約半数が「できるだけ早く始めたい」ものの「難しそう」が障壁に=SAMURAI調べ=

SAMURAIは27日、プログラミング学習を検討している10代〜50代の男女100人を対象に実施した、「プログラミングに関する意識調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、「プログラミングをいつ頃から始めたいか」を聞いたところ、「できるだけ早く」46%が最も多く、以下、「そのうち」27%、「わからない」15%、「いますぐ」9%という結果になった。


一方、「プログラミング学習を始められない理由」を聞いたところ、「難しそう」48%が最多。以下、「忙しくて時間がない」35%、「途中で挫折しそう」13%、「お金の余裕がない」4%と続いた。

プログラミング学習を「できるだけ早く始めたい」と考えてはいるものの、「難しそう」というイメージから、学習開始を躊躇してしまっている人の多さが伺える。


「プログラミングを学んでどうなりたいか」を聞いたところ、「転職/就職」と「起業/フリーランス」が共に33%で最多。「自分でサービスを作りたい」25%、「社内で活用したい」8%なども挙げられた。

「プログラミングを学び始めようと思ったきっかけ」を聞いたところ、10%を超えた回答は「プログラミングに興味がある」「在宅で仕事をしたい」「エンジニアに転職したい」「スキルアップしたい」「自分でサイトやアプリを作ってみたい」「将来性が高いから」という理由が並んだ。


また、「プログラミングの勉強を始めるなら独学かスクールか」を聞いたところ、「スクール」61%が多数派で、「独学」は39%と少数派だった。

「プログラミング学習にスクールを選んだ理由」を聞いたところ、「確実にスキルを身につけられると思ったから」25%が最も多かった。「独学では不安がある」「効率良く学べそう」「わからないことを質問できるから」も10%を超えた。

一方、「プログラミング学習に独学を選んだ理由」を聞いたところ、最も多かったのは「金銭的余裕がない」36%だった。また、「自分のペースで進められる」26%や、「スクールに通う時間がない」15%といった回答も多くみられた。

61%の人が「スクールで学習したい」と考えているものの、その中には「金銭的に余裕がない」が故に独学を選択する人も存在することが読み取れる。

この調査は、プログラミング学習を検討している10代〜50代の男女100人を対象に、2021年11月19日〜12月3日にかけて、インターネットで実施した。

関連URL

調査結果の詳細

SAMURAI

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • Google for Education CHIeru 端末活用に最適! Chromebook活用パック
  • 私立中学・高校様向け ICT利活用サポートデスク オンラインICT支援員 【限定】無料トライアル 参加校募集 NTTLS
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス