1. トップ
  2. データ・資料
  3. 中高生のオンライン授業経験率、私立が国公立を25%上回る=スタディプラス調べ=

2022年8月17日

中高生のオンライン授業経験率、私立が国公立を25%上回る=スタディプラス調べ=

スタディプラスのStudyplusトレンド研究所は16日、中学生・高校生・大学生のユーザーを対象に「オンライン授業に関するアンケート調査」を実施し、その結果を公表した。

調査は学習管理アプリ「Studyplus」上で7月7日・8日に行われ、「学校でのオンライン授業」に関してはユーザー3200名から、「塾・予備校でのオンライン授業」に関してはユーザー1253名から回答を得た。


学校でのオンライン授業に関しては、国公立の中学生でオンライン授業が「ある」「以前はあった」と回答した割合の合計は38.3%、私立の中学生は合計62.7%。国公立の高校生では合計45.4%、私立の高校生は合計69.1%で、それぞれ私立の方が約25ポイント上回る結果となった。大学生は、現在もオンライン授業が「ある」と回答した割合が高く、国公立では57.4%、私立では49.7%となった。


オンライン授業のメリットで最も多かったのは「通学時間がかからないこと」。全体で7割を超え、大学生では8割を超えた。大学生は「遠方にいても授業を受けられること」「録画で授業の見直しができること」をメリットに挙げる一方、「先生やクラスメイトとの人間関係が築きにくいこと」がデメリットの1位となった。中高生が不満に感じた項目の1位は「画面越しで質問しづらいこと」だった。


塾・予備校でのオンライン授業については、中学生の33.2%、高校生の37.4%が「ある」と回答、現在オンライン授業をやっていると回答した割合が学校よりも高い結果となった。


中学生、高校生ともに「通塾時間がかからないこと」をメリットに挙げる一方、学校と同じく「画面越しで質問しづらいこと」がデメリットで最も多かった。

関連URL

Studyplusトレンド研究所

スタディプラス

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス