1. トップ
  2. データ・資料
  3. 中高生含むZ世代の約9割がSNSでフェイクニュースを気にする =スタディプラス調べ=

2022年12月2日

中高生含むZ世代の約9割がSNSでフェイクニュースを気にする =スタディプラス調べ=

Studyplusトレンド研究所は、学習管理アプリ「Studyplus」のユーザーを対象に「SNSの世代別利用傾向調査」を実施し、1日にその結果を公表した。

調査は9月16日~22日に行われ、ユーザー3494名から回答を得た。中高生を中心とした25歳以下のZ世代におけるSNSの詳細な利用傾向のほか、X世代やY世代にあたる26歳以上のユーザーからも回答を回収し、世代間ギャップについても注目した。

フェイクニュースやデマをSNS上で信じた経験はZ世代が6割超、X・Y世代は6割弱となった。より詳細な世代別で見ると、Z世代の中でも「高校生」「大学生・社会人等」(19歳~25歳)で経験率が高く、X・Y世代の中でも「ミレニアム世代」(26歳~35歳)が高かった。

フェイクニュースやデマを気にする割合もZ世代の方が約9割と高く、より詳細な世代別でも、どの世代も8割を超えており、意識が高い傾向が見られた。特に、Z世代における「中学生」「高校生」、また「ミレニアム世代」は意識が高かった。

フェイクニースやデマを判断する方法を複数回答を訊ねたところ、「他の人の投稿やメディアの記事を調べる」「投稿者の引用元」といったファクトチェックが両世代で高い回答を集めた。また、「投稿へのコメント内容」「投稿者のファロワー数」「投稿へのいいね数・コメント数」がZ世代では高く、「ロスジェネ世代」(36歳~45歳)「バブル世代以上」(56歳以上)では「投稿者のプロフィール」を重視する傾向が見られた。

関連URL

Studyplusトレンド研究所

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 全国100万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
教育ソフトウエア 採点ナビ 無料お試し

アーカイブ

  • 探究型の学びに最適! Adobe Express | 小中高校無料 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • 学習者用デジタル教科書の活用環境を考える 詳しくはこちら
  • 教材・校務活用ポータル kyouzai.jpへ
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス