1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. デジタルアートとセンサーを活用したリハビリツール「デジリハ」、水戸特別支援学校が導入

2022年8月24日

デジタルアートとセンサーを活用したリハビリツール「デジリハ」、水戸特別支援学校が導入

デジリハは23日、デジタルアートとセンサーを活用した同社のリハビリツール「デジリハ」が、茨城県立水戸特別支援学校に導入されたと発表した。

「Digital Interactive Rehabilitation System」デジリハは、デジタルアートとセンサーを活用したアプリケーションを通じて、リハビリをより楽しく、効果的にする支援ツール。

手足などの運動をセンサーで検知するという側面を持っており、学習の中でも身体機能に特化しているという点で、既存の学習アプリなどとは異なる新規性を持つ。

2021年から提供を開始し、今年8月時点で総合病院、リハビリ病院、放課後等デイサービスなどの児童福祉施設の全国13事業所で導入されている。

今回、正式導入した水戸特別支援学校では、自立活動の時間を中心に、肢体不自由をもつ児童生徒たちが活用している。

同社は、今回の導入をきっかけに、茨城県内及び国内の教育機関での活用・展開を拡げていく方針。

関連URL

デジリハ

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス