1. トップ
  2. 学校・団体
  3. 私立「神山まるごと高専」、2023年4月の開校が決定

2022年9月1日

私立「神山まるごと高専」、2023年4月の開校が決定

私立高等専門学校「神山まるごと高専」は8月31日、文部科学省の大学設置・学校法人審議会から審査判定を「可」とする答申が公開されたと発表した。

同校は、19年ぶりの新設の高専として、昨年10月から文科省に設置認可申請・寄附行為認可申請を行ってきた。

今回の答申を受け、国内58校目の高専として、「テクノロジー×デザイン×起業家精神」が三位一体となった新たな学びが、来年4月から徳島県神山町の地でスタートする。

同校は、5年制の高専で、テクノロジー、デザイン、起業家精神といった、これからの社会に必要な3つの軸を中心としたカリキュラムを通して、社会を切り拓く「モノをつくる力で、コトを起こす人」の育成を目指す。

1学年40人、合計200人の学生が、地方創生で有名な徳島県神山町で暮らしながら学ぶ全寮制の学校。今秋に入学試験を予定しており、入試要項などの受験詳細は近日公開予定。

大学などの傘下ではない民間主導の高専として、企業版ふるさと納税なども活用した21億円を超える寄付金、21人の教員を独自で集めてきた。また、現役起業家約50人が講師となる「起業家講師」の特別講義なども構築。

奨学金基金と長期的な寄付で、年間200万円かかる学費の実質無償化にも取り組んでおり、すでに1期生の無償化を発表している。

【学校概要】
開校時期:2023年4月
設置場所:徳島県名西郡神山町神領字西上角および徳島県名西郡神山町神領字大埜地
入学定員:1学年40人
修業年限:5年
就学スタイル:全寮制
学費:200万円/年間(給付型奨学金の提供で第1期生は実質無償)
教員数:21人
設立学科:デザイン・エンジニアリング学科
カリキュラム

関連URL

神山まるごと高専

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス