1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. ソニーマーケティング、IoTブロック「MESH」の技術仕様を公開

2022年9月1日

ソニーマーケティング、IoTブロック「MESH」の技術仕様を公開

ソニーマーケティングは8月31日、同社のIoTブロック「MESH」(メッシュ)の技術仕様の公開を開始した。

今回公開した技術仕様は「MESHブロック」の通信仕様で、これにより「MESHアプリ」を使用することなく、JavaScriptやPythonなどのテキストプログラミング言語から「MESH」を取り扱えるようになる。

「MESH」は、人感センサーや温度センサーなど機能ごとのブロックと、身近なものとを組み合わせることで、「人が通過したらスマホにメッセージを送る」「温度・湿度を計測して自動的に記録をする」といった仕組みを手軽につくることができるプログラミングツール。

プログラミング未経験者でも直感的な操作ができ、これまで小学校や中学校などのプログラミング教育の教材として活用されているほか、DX人材の育成やプロトタイプ制作などにも活用されている。

今回のテキストプログラミング言語への対応で、開発者やクリエイター、高等教育の現場をはじめ、さらに専門的で幅広い分野で活用できるようになる。

今回の技術仕様の公開で、①「MESHブロック」と直接連携するモバイルアプリなどの開発、②「MESHブロック」のセンサーと連携するデジタルサイネージなどのシステム開発、③センサーを活用したプログラミングの習得やプロトタイピングに、「MESH」が活用できるようになる。

なお、今回の技術仕様の公開に合わせて、8月31日から、obnizのIoTプラットフォーム「obniz」(オブナイズ)が「MESHブロック」に対応。「MESH」の各種ブロックと「obniz」のIoTプラットフォームの各種機能を組み合わせ、センサーとクラウドを連携した本格的なIoTシステムを実現できる仕組みを共同で構築した。

関連URL

「技術仕様公開」の詳細

「MESH」

obniz

ソニーマーケティング

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス