1. トップ
  2. 企業・教材・サービス
  3. 日本マイクロソフトなど5者、「IDEACTIVE JAPAN PROJECT」発足

2022年9月12日

日本マイクロソフトなど5者、「IDEACTIVE JAPAN PROJECT」発足

日本マイクロソフト、ソフトバンク、Facebook Japan、VISITS Technologies、IoT ビジネス共創ラボは8日、「IDEACTIVE JAPAN PROJECT 実行委員会」を設立、ビジネスアイデア&ハッカソンコンテスト “IDEACTIVE JAPAN PROJECT” を開始した。

プロジェクトを通して、革新的かつ現実的なアイデアを生み出す人材を発掘、育成し、そのアイデアを具現化する技術や開発者とつなぐことで、世の中を変革していくようなサービスの創出までの一連のプロセスをシームレスに実現するエコシステムを構築するという。

IDEACTIVE JAPAN PROJECTはアイデアを創造するための Season.1と、そのアイデアをカタチするための Season.2、さらには社会実装を支援し事業化するための Season.3の3つのフェーズから構成される。

Season.1として、新規ビジネスのアイデア創出を目指し、「ひらめきアイデアコンテスト」、「ひらめき力チェック by デザイン思考テスト」、「ひらめきスタディ」、「ひらめきトライアルキャンペーン」を開始した。

コンテスト概要

応募期間:9月8日(木)~2023 年1月25日(水)
応募対象:年齢不問、個人・グループどちらでも応募できる。
応募方法:本プロジェクトサイトからのオンラインによる応募
内容:宇宙、SDGs、エンターテインメント、XR(メタバース)、IoT、AI の6つのカテゴリから、社会課題を解決するサービスやソリューションを募集。独創性、将来性、市場性、実現性の 4つの観点から審査を行い、各カテゴリ上位3チームを選出する。
最終審査日:2023年3月18日(土)
開催場所:オンラインを予定
受賞者特典:
総合優勝チーム
・賞金1000万円
・米国マイクロソフト本社でのビジネスブラッシュアップツアーへの無償招待
・Microsoft for Startups Founders Hub への優先エントリーの権利
・Surface Laptop Studio プレゼント最大5台
各カテゴリの優秀チームや参加者にも特典がある。

関連URL

IDEACTIVE JAPAN PROJECT

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス