1. トップ
  2. データ・資料
  3. 高校生の読書、月平均8時間で本・漫画・雑誌に毎月1410円使う=「スタディサプリ進路」調べ=

2022年9月15日

高校生の読書、月平均8時間で本・漫画・雑誌に毎月1410円使う=「スタディサプリ進路」調べ=

リクルートは14日、同社の進路情報メディア「スタディサプリ進路」が、スタディサプリ編集部の高校生エディター&公式LINE登録者1000人を対象に実施した、「高校生の読書に関するアンケート調査」の結果をまとめ発表した。


それによると、現役高校生の約8割(82%)が本や漫画、雑誌を含む活字に触れていることが分かった。

その内訳を見ると、「本」が72.4%で最も多く、2位は「漫画」72.3%、3位は「雑誌」34.1%だった。最も文字に触れる「本」が1位だったことから、高校生は「活字離れ」していないと言ってもいいかも知れない。

なお、SNSが活発化していることもあり、情報収集的な意味合いもある「雑誌」は手に取る機会が減っているようだ。

また、1カ月の平均読書時間を調べたところ、「8時間」という結果になり、受験勉強に追われ自由時間が減る高校生にとって決して短くない時間であることが浮き彫りになった。

さらに、本や漫画、雑誌に毎月使っている平均金額は「1410円」で、小遣いの平均金額「5582円」の約4分の1を占めていることが分かった。

宿題や課題のイメージから、義務的と思われがちな「本」に絞って読む目的を聞いたところ、1位「リフレッシュ」、2位「ただただ好きだから」、3位「現実逃避したい」がTOP3にランクインし、楽しみな息抜きとして読書に向き合っている様子がうかがえた。

このアンケート調査は、全国の高校生男女(「スタディサプリ進路」の高校生エディター/公式LINE登録者)を対象に、8月16日~18日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は1000人(男子314人、女子686人)。

関連URL

調査結果の詳細

「スタディサプリ進路」

リクルート

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
学習eポータル+AI型教材 Qubena 新規利用自治体募集 ※条件・応募自治体数上限あり 2024年3月まで無償 オンライン説明会開催中
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス