1. トップ
  2. データ・資料
  3. 専門学校生の採用、企業の意欲は上昇傾向で採用活動の前倒しも加速=CareerMap調べ=

2022年9月20日

専門学校生の採用、企業の意欲は上昇傾向で採用活動の前倒しも加速=CareerMap調べ=

グッドニュースは16日、専門学校生の就活サイト「CareerMap」が、同サイトを利用中の企業1250社の人事・採用責任者を対象に実施し結果をまとめた、「専門学校生の採用活動の実態調査」を公表した。

同調査によると、今年度(2023年卒業生)の専門学校生の採用目標人数を聞いたところ、「1~2人」38.1%、「3~4人」23.4%、「5~9人」15.9%、「10~29人」14.9%、「30人以上」5.8%、「採用予定なし」1.9%という結果になった。

昨年と比較すると、企業の採用目標人数は増加傾向の兆しで、特に採用目標が「10〜29人」と答えた企業は4.5pアップ。逆に、「採用予定なし」は昨年より3pt減少した。

また、今年度の採用で、活動を開始した時期を聞いたところ、 企業の採用活動の前倒し傾向が顕著だった。特に、大卒の採用活動で主流になりつつある夏のインターンシップ時期に合わせて早めに動く企業が、専門学校生の採用でも増えてきている傾向にある。

専門学校生の採用は、卒業年度の一昨年の夏が1つのピークで、次に前年3月の選考開始を2回目のピークにして動くようだ。

「働き方改革への取り組み」については、残業時間の削減や休日数の増加に取り組んでいる企業が多い反面、働き方改革の阻害要因が「人材不足」となっていた。

人材が不足しているから残業が減らせない・休日数が増やせない。しかし、それにより職場環境が良くならず、さらに採用できない、という悪循環が多くの企業の現場で起きていることが分かった。

この調査は、専門学校生の就活サイト「CareerMap」を利用して新卒採用を行っている企業の人事・採用責任者を対象に、8月17日〜9月5日にかけて、「アンケートフォームへの回答」という形で実施した。有効回答数は1250社。

関連URL

調査結果の詳細

「CareerMap」

グッドニュース

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス