1. トップ
  2. データ・資料
  3. 小学生「遠足のおやつ代」、平均426円で親の約半数が「負担感」=GFS調べ=

2022年9月20日

小学生「遠足のおやつ代」、平均426円で親の約半数が「負担感」=GFS調べ=

FreeLifeConsultingは、同社の金融オンラインスクール「グローバルファイナンシャルスクール」(GFS)が、10月4日の「投資の日」を前に、今秋以降に遠足を控えている小学生の子どもがいる全国の30〜40代の親771人を対象に実施した、「遠足のおやつ代に関するアンケート調査」の結果をまとめ、9月16日付で発表した。



それによると、現在の小学生の「遠足のおやつ代」を聞いたところ、 9割以上の親が「100円〜1000円」の範囲の金額を回答。その中で、平均は「426円」(中間値400円)だった。親が小学生のころのおやつ代を質問したところ、平均 「332円」(中間値300円)となり、その差は94円だった。


遠足のおやつ代に「負担を感じるか」を聞いたところ、「負担に感じる」19.1%、「やや負担に感じる」30.1%と、約半数の親が負担を感じていることが分かった。「あまり負担に感じない」は27.1%、「負担に感じない」は23.8%だった。

また、「300円未満」「300円」「500円」「700円」「その他」の選択肢を挙げて、小学生のおやつ代として適切だと思う価格を選んでもらったところ、「300円」38.8%が最も多く、以下、「500円」37.9%、「300円未満」14.9%と続いた。

最も多数派だった「300円」派の理由は、「多すぎず少なすぎず」「食べられる量を考えて」「500円は弁当が買えるくらいだから」「昔と変わらず」という回答が寄せられた。

一方で、「500円」派の意見は、「物価が上昇しているから」「時代が変わっているから」「ちょっとした楽しみをケチりたくない」「昔よりシュリンクインフレが起きているから」といった回答が寄せられた。

この調査は、今秋以降に遠足を控えている小学生の子どもがいる全国の30〜40代の父親・母親を対象に、9月6日〜9日にかけて、インターネットで実施した。有効回答数は771人。

関連URL

調査結果の詳細

グローバルファイナンシャルスクール(GFS)

FreeLifeConsulting

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス