1. トップ
  2. STEM・プログラミング
  3. 国際ロボットコンテスト「WRO 2022 ドイツ国際大会」日本代表13チームが出場

2022年9月20日

国際ロボットコンテスト「WRO 2022 ドイツ国際大会」日本代表13チームが出場

WRO Japanは15日、世界85以上の国と地域の小中高校生が参加する国際ロボットコンテスト「WRO 2022 ドイツ国際大会」へ日本代表13チームが出場すると発表した。

(WRO2019ハンガリー国際大会)

「WRO 2022 ドイツ国際大会」は11月17、18、19日の3日間、ドイツ・ドルトムントで開催される。3年ぶりのリアル開催となる今大会に、WRO Japanは、日本代表選手団として全国から選抜された13チーム、40名を同国際大会へ派遣する。

WROは2004年にスタートした子どもたちのための国際ロボットコンテスト。今年で19回目を迎える。国内では、2022年夏に全国37カ所でWRO Japan公認地区予選会が開催され、1500チーム以上が参加した。

選手はロボットのモデルデザインや自律的に制御するプログラムを開発し、与えられた課題を解決する競技に挑戦する。新型コロナウイルス感染状況の悪化により、2020年、2021年とオンライン開催を余儀なくされたが、今年は、静岡県浜松市で、3年ぶりのリアル大会となる「WRO 2022 決勝大会 in 浜松」が開催され、全国から予選会と事前審査を経て選抜された約150チームが熱戦を繰り広げた。

ドイツ国際大会出場チームとして選抜されたチームは、WRO Japanが主催する、2泊3日の「チーム強化合宿」でさらに技術力・表現力を磨き、「チームJAPAN」として結束を固め、11月の国際大会に臨む。

「WRO2022 ドイツ国際大会」概要

開催日程:11月16日(木)、17日(金)、18日(土)
開催会場:MESSE DORTMUND

競技内容:自律型ロボットによる競技(ROBO MISSION, FUTURE INNOVATORS, ROBO SPORTS, FUTURE ENGINEERS)
参加国(一部のみ掲載):アメリカ、ドイツ、日本、イタリア、中国、スペイン、ブラジル、インド、UAE、サウジアラビ ア、カタール、イラク、シンガポール、マレーシア、インドネシア、フィリピン、台湾、南アフリア、デンマーク等

スケジュール

WRO 2019ハンガリー国際大会の様子

関連URL

WRO Japan

自立学習と学力向上に効果創出 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
Qubena 小中5教科 全国50万人が利用 高精度AIが実現する一歩先の「個別最適な学び」とは? 導入・活用事例ご紹介
Classi x EDUCOM 無料 保護者連絡サービス tetoru 学校連絡・欠席連絡 1月から先行&デモ利用受付開始 お試し希望の方はこちら
AI/Robot/Iot/BIGData/RPA/5G/Metaverse 製品・サービス・会社紹介記事無料で掲載します。 AIRobot-NEWS Society5.0時代のAI・ロボット・先端情報

アーカイブ

  • 教育機関向けAdobe Expressを「教員研修」に組み込みませんか? 詳しくはこちら
  • 学校現場のICT活用情報を無料でお届け CHIeruマガジン 10月3日(月)最新号発行 配送申込はこちら
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス