1. トップ
  2. 教育行政・入札
  3. スプリックスのテストシステム「CBT for school」、東京・板橋区内の全小中学校74校で活用

2022年9月20日

スプリックスのテストシステム「CBT for school」、東京・板橋区内の全小中学校74校で活用

スプリックスは16日、同社のテストシステム「CBT for school」が、東京・板橋区内の全小中学校74校で活用され始めたと発表した。

同社は、東京・板橋区教育委員会と、「1人1台端末」のCBT(Computer Based Testing)活用に関する協定を締結し、基礎学力・プログラミング・主要教科の理解を評価できる、3つのCBTを学校向けにパッケージ化した「CBT for school」を提供。

今回、同区内全小中学校74校の児童・生徒2万人以上が活用を開始した。

同社は2021年9月、同区内の中学校で、基礎学力に特化して評価するCBT「TOFAS」を試行。その結果、生徒や教員、同区教委から高評価を受けたことから、今回のCBT活用に関する協定を締結することになった。

同協定に基づき、①「CBT for school」の利用による「1人1台端末」の活用、②「CBT for school」の利用のよる児童生徒の学力向上に関する研究と検証、③「CBT for school」の利用による教員の作業負担軽減に関する研究と検証―の3項目について連携・協力していく。

「CBT for school」の概要

①国際基礎学力検定TOFAS(Test of Fundamental Academic Skills)
計算、英単語、漢字・語彙の基礎に特化して評価するテストシステム。全世界での累計受検者数はのべ25カ国・15万人を超えており、国際基準で学力を評価できる
②単元別テスト
児童・生徒個人だけでなく、クラス別、学校別のテスト結果もデータベースで集積し、分析結果を現場教員が日頃の授業改善のために活用できる
③プログラミング能力検定
全国3000を超える教育機関が実施。プログラミング概念の理解度を体系的に分析・評価することができ、それまでの学習成果を証明するとともに、その後の効果的な学習につなげることができる

詳細

関連URL

東京都板橋区教育委員会

スプリックス

自律的な学習者への第一歩に 自己効力感の向上 活用事例多数紹介 すらら 活用事例のご紹介
大塚商会のNext GIGA
AIRobot-NEWS AI・ロボットニュース

アーカイブ

  • 無線通信可視化・安定化ソリューション Tbridge
  • ICT要員派遣はおまかせ! ICTまるごとサポート 詳細はこちら
  • 事例紹介作って掲載します。 ICT教育ニュースの楽々 事例作成サービス